(C)1996- 2020   Copyright  データベースアメニティ研究所
バーチャル卒業式やりませんか?

ESR法による一重項酸素消去能評価法の研究


卒論】ESR法による一重項酸素消去能評価法の研究⇒#526@卒論;
ESR法による一重項酸素消去能評価法の研究
戸巻 美紀子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).

  1. リチウム電池(アルニウム)
  2. 鉛電池
  3. アルミニウム関係


分解
エンドペルオキシド使用した分解による重項酸素の発生系および消去能評価行った

○光増感系
水溶性系の光増感剤であるメチレンブルーメチレンブルー,四水塩1)による光増感法による重項酸素の発生系と消去能評価行った

グラフ図にエンドペルオキシド+DRD156+PBSのESRチャート2)示すここ横軸磁束密度BTあり縦軸吸収率xあるこの図より ○○ 測定条件 ○○ 試料名:  エンドペルオキシド3)+DRD1564)+PBSリン酸緩衝溶液粉末5) 実験装置: XバンドESR装置あることがわかるエンドペルオキシド+DRD156+PBS6)



エンドペルオキシド+DRD156+PBSグラフ.

(1@ > メチレンブルー,四水塩
メチレンブルー,四水塩Mehylene Blue, (材料).
(2ESRチャート,磁束密度,吸収率, (プロット).
(3エンドペ > エンドペルオキシド
エンドペルオキシドendoperoxide, (材料).
(4DRD1 > DRD156
DRD156DRD156, (材料).
(5リン酸緩 > リン酸緩衝溶液粉末
リン酸緩衝溶液粉末Phosphate buffered saline, (材料).
(6エンドペルオキシド+DRD156+PBSグラフ.