鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 ESR


項目
ID⇒#795
キーワードESR
ソース情報
品詞
内容
フリーラジカル分析する機器分析です電子スピンが打ち消されない常磁性物質ではもし外部磁場がかかるとスピン磁気モーメント磁場に向くばあいと逆方向に向く場合があるはずで外部磁場の強さに応じた電波吸収がおきます原子核スピン検出する装置NMRといいます超微細結合解析することでより詳細な物性調査きます1)2)3)
池谷らによるとESR Dosimetryへの応用が研究されています4)エネルギーデバイスの材料評価にESR法用いる研究がおこなわれています5)

g値6)超微細結合定数7)など測定します8)

卒業研究C1-磁気共鳴計測研究グループ200420069)
ESR電子スピン共鳴10)
ZnOのみのESRスペクトル11)


石炭の種類と炭素ラジカルg値関係ついても報告されている12)

関連書籍
入門電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー13)

動画14)
ピカッとさいえんす電波アンテナ
http://c1.yz.yam…


(1 > 固体状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(2電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門
電子スピンサイエンス学会 監修, 日本学会事務センター, (2003).
(3 > ありのままの電極表面をとらえる
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(4A portable ESR spectrometer using Nd-Fe-B permanent magnets
C. Yamanaka, M. Ikeya, K. Meguro and A. Nakanishi, ternational Journal of Radiation Applications and Instrumentation. Part D. Nuclear Tracks and Radiation Measurements,18,279(1991).
(5In situ ESR測定を目指したエネルギーデバイス評価用ラミネートセルの開発
伊藤 智博, 研究ノート, (2012).
(6自由電子のランデg因子  [・((無次元))].
(7超微細結合定数  [T(テスラ)].
(8XバンドESR装置
,JEOL FR-30,,(,).
(9卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~),精密応用化学専修コース(~H15),etc,物質化学工学科,山形大学
仁科 辰夫,シラバス-山形大学, (2011).
(10実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > ESR(電子スピン共鳴)の実際,機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(11ZnOのみのESRスペクトルグラフ.
(12石炭の種類と炭素ラジカルのg値の関係.
(13 > 入門電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー<目次>
電子スピンサイエンス学会, 入門電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー , 米田出版, (2010).
(14ピカッと > 電波とアンテナ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).

卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004)
ユーザー)

電子回路電子部品コンデンサ取り合うときは等価直列抵抗示す
般にLCRメータ1)など使って測定する


ユーザー)

ESR活性酸素ついての入門講座である電子スピンサイエンス学会(SEST) ESR入門セミナー1),回ESR入門セミナー2)開催されます


参考書籍…山形大学附属図書館
(1) APS '97, Hong Kong, 20 - 24 January 1997. C. Z. Rudowicz (ed.) ..., Modern applications of EPR, ESR : from biophysics to materials science/proceedings of the First Asia Pacific EPR, ESR Symposium, Springer, (1998).
(2) 山内淳著, 磁気共鳴-ESR : 電子スピンの分光学, サイエンス社, (2006.3).
(3) Ikeya M., ESR Dating and Dosimetry., , (2017/11/18 4:19:16).
(4) 日本化学会編, NMR・ESR, 丸善, (2006.9).
(5) 日本化学会編, NMR・ESR, 丸善, (2006.9).
(6) 日本化学会編, NMR・ESR, 丸善, (2006.9).
(7) 日本化学会編, NMR・ESR, 丸善, (2006.9).
(8) Ikeya, M., ESR dating and dosimetry,, , (2017/11/18 4:19:16).
(9) 石津和彦, 実用ESR入門, , (2017/11/18 4:19:16).
(10) 石津和彦, 実用ESR入門, , (2017/11/18 4:19:16).
(11) 石津和彦, 実用ESR入門, , (2017/11/18 4:19:16).
(12) 池谷元伺, ESR(電子スピン共鳴)年代測, , (2017/11/18 4:19:16).
(13) , 石津和彦 実用ESR入門, , (2017/11/18 4:19:16).
(14) , 石津和彦 実用ESR入門, , (2017/11/18 4:19:16).
(16) edited by Lawrence J. Berliner, In vivo EPR (ESR) : theory and application, Kluwer Academic/Plenum Publishers, (c2003).
(17) edited by Lawrence J. Berliner, In vivo EPR (ESR) : theory and application, Kluwer Academic/Plenum Publishers, (c2003).
(19) 桜井弘著, ESRスペクトルの実際, 廣川書店, (1989.6).
(20) 桜井弘著, ESRスペクトルの実際, 廣川書店, (1989.6).
(21) 大野桂一編著, ESRイメージング : 電子スピン共鳴断層映像と応用, アイピーシー, (1990.5).
(22) 池谷元伺, 三木俊克著, ESR顕微鏡 : 電子スピン共鳴応用計測の新たな展開, シュプリンガー・フェアラーク東京, (1992.7).
(23) 池谷元伺, 三木俊克著, ESR顕微鏡 : 電子スピン共鳴応用計測の新たな展開, シュプリンガー・フェアラーク東京, (1992.7).
(24) 池谷元伺, 三木俊克著, ESR顕微鏡 : 電子スピン共鳴応用計測の新たな展開, シュプリンガー・フェアラーク東京, (1992.7).
(25) 池谷元伺, 三木俊克著, ESR顕微鏡 : 電子スピン共鳴応用計測の新たな展開, シュプリンガー・フェアラーク東京, (1992.7).
(26) 石津和彦編, 実用ESR入門 : 生命科学へのアプローチ, 講談社, (1981.4).
(27) 石津和彦編, 実用ESR入門 : 生命科学へのアプローチ, 講談社, (1981.4).
(28) 石津和彦編, 実用ESR入門 : 生命科学へのアプローチ, 講談社, (1981.4).
(29) 石津和彦編, 実用ESR入門 : 生命科学へのアプローチ, 講談社, (1981.4).
(30) 石津和彦編, 実用ESR入門 : 生命科学へのアプローチ, 講談社, (1981.4).
(31) Abragam ... [et al., contributors]/edited by D.M.S. Bagguley, Pulsed magnetic resonance : NMR, ESR, and optics : a recognition of E.L. Hahn, Clarendon Press/Oxford University Press, (1992).
(32) 桜井弘 編集, バイオサイエンスESR, 廣川書店, (1996).
メニュー
シラバス/検索/ESR…
講義内容/検索/ESR…
講義ノート/検索/ESR…
研究ノート/検索/ESR…
ファイル/検索/ESR…
研究テーマ/検索/ESR…
論文/検索/ESR…
書籍名/検索/ESR…
雑誌名/検索/ESR…
材料名/検索/ESR…
>ウィキペディア/ESR…
エンジニア/検索/ESR…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧