鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
分離…
「分離」の検索結果です。
 

特許出願2002-123266:アノード電解によるジルコニウムとハフニウムの分離方法

出願番号 : 特許出願2002-123266 出願日 : 2002年4月24日 公開番号 : 特許公開2003-313694 公開日 : 2003年11月6日 出願人 : 科学技術振興事業団 発明者 : 立花 和宏 外4名 発明の名称 : アノード電解によるジルコニウムとハフニウムの分離方法 要約: 【課題】ジルコニウムとハフニウムの新規な分離方法を提供することをねらいとするものである。 【解決手段】ジルコニウムとハフニウムの分離方法において、両性分を含む金属を有機電解液中でアノード電解し、これによってハフニウムを電解液にアノード溶解し、電解液からハフニウムを回収し、電解残滓からジルコニウムを富化して回収することを特徴とするものである。 さかもとは、2002年に、それまでの研究を有機電解液中におけるバルブメタルのアノード皮膜特性というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#176@卒論;。 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),刊行物2002_H14@C1⇒#3981@講義;


 ,特許特願2002-123266(2002).

テーパトラム回転式固液分離機に関する基礎研究


朱,野崎勉,李輝,福原稔 ,混相流,Vol.15,No.2,pp.175-182(2001).

ポリマーブレンド溶液からの多様な巨視的相分離構造の発現


高野 哲,折原勝男,岡本正雄,都田昌之,野村 隆 ,高分子論文集,vol.59, 120-126 (2002)(2002).

ポリマーブレンド溶液からの多様な巨視的層分離構造の発現


高野哲、折原勝男、岡本正雄、都田昌之、野村隆 ,高分子論文集 第59巻、pp.120 ~ 126(2002).

アツミカブ糠床熟成中の微生物フローラと糠床から分離した酵母の同定. 山形大学紀要 11, 789-795.  


河東田茂義、高橋文秀、小河充佳、上木勝司、上木厚子 ,(1993).

分離精製技術ハンドブック


分担執筆 ,丸善株式会社(1993).

「逆ミセルを用いる分離場・反応場の設計」 ケミカルエンジニヤリング,vol.42, pp.25-32 (1997)


原田 誠、足立基齊、塩井章久 ,化学工業社(1997).

「タンパク質分離に向けての逆ミセルのテーラリング」 vol.35, No.5,pp.239-245 (1997)


原田 誠、足立基齊、塩井章久 ,表面(1997).

大振幅励振時における圧電振動子損失の分離測定


広瀬精二、藤田孔明 ,電気学会マイクロマシン・センサシステム研究会MSS-01-13(2001).

混合ゲルの相分離構造と機能特性に関する研究


 , 日本家政学会誌, 51(6), 561-562(2000).

メン羊における濃厚飼料と粗飼料の分離と混合給与が栄養価,第一胃内液と血液性状に及ぼす影響.山形大学紀要(農学),12:373-381.1997.


高橋敏能・田中信也・萱場猛夫. , (1997).

メン羊における濃厚飼料と粗飼料の分離と混合給与が栄養価,第一胃内液と血液性状に及ぼす影響,山形大学紀要(農学),12(4)(1997)(共著)


高橋・田中 ,山形大学紀要(農学)(2001).

抵抗性イネ品種の穂から再分離したいもち病菌の病原性変異に及ぼす通過イネの真性抵抗性遺伝子の影響.


○生井恒雄・大場淳司・菅原秀治・富樫二郎、  ,日本植物病理学会報.65巻67-75.(1999).

Percoll 密度勾配遠心法での遠心分離結果に及ぼす精子活力の影響. 日本養豚学会誌第26巻 第3号


 ,(1989).

Percoll 密度勾配遠心法による豚精子の分離と F-body 様小体の検出. 日本養豚学会誌第25巻 第3号


 ,(1988).

Percoll 密度勾配遠心法による豚精液の分離と性状. 日本養豚学会誌第25巻 第1号


 ,(1988).

X染色体劣性網膜分離症患者黄斑の走査レーザー検眼鏡所見(1995)


 ,日本眼科紀要(2001).

同一患者から間隔を置いて分離されたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の遺伝学的および細菌学的性状


北目文郎,大堀直美 ,日本環境感染学会(2000).

特定細胞,組織からのプロテオグリカンの分離と構造解析:肥満細胞新生化学実験講座3,糖質Ⅱ;プロテオグリカンとグリコサミノグリカン,東京化学同人(1991)


 ,(2019).
業績…