鷹山 (C)1996-2022 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
核…
「核」の検索結果です。
 

コラム内分泌腫瘍核出術のコツ.Knack & Pitfalls膵脾外科の要点と盲点,木村理,編集


木村理,縄田昌子 ,文光堂,東京,pp227.2002.10.20(2002).

インスリノーマの診断と膵頭部腫瘍核出術の工夫


縄田昌子,桜井文明,平井一郎,縄田真一,木村理 ,膵臓 2002;17(2):114-119(2002).

膵内分泌腫瘍Ⅱ.手術手技1)膵腫瘍核出術-開腹的-.内分泌外科標準手術アトラス.日本内分泌外科学会編集,東京


木村理 ,インターメルク,2003:284-289(2003).

膵内分泌腫瘍Ⅱ.手術手技1)膵腫瘍核出術-開腹的-.内分泌外科標準手術アトラス.日本内分泌外科学会編集,東京


木村理 ,インターメルク,2003:284-289(2003).

特集 内分泌外科手術up to dateインスリノーマ核出術


木村理 ,手術 2005;59(7):983-989(2005).

肥満とやせの判定基準づくり:数学を核とした総合的な学習の時間の展開例


 ,日本数学教育学会誌,第81巻11号(1999).

点字の探究活動による場合の数の指導:算数を核にした総合的な学習の時間の展開例


 ,日本数学教育学会誌,第81巻12号(1999).

エタノールと炭酸ガスを併用したカキ‘平核無’果実の脱渋,園芸学会雑誌,61:437-443.


 ,(1992).

tRNAのアイデンティティー -大腸菌の系を中心として-,蛋白質 核酸 酵素40(10)(1995)


 ,(2001).

血中サイトケラチン19フラグメントの臨床的有用性の検討.核医学技術 15(4):246-250,1995.


 , (2001).

イムノアッセイにおける効率的管理運営法をさぐる.核医学技術 19:298-307,1999.


 , (2001).

全自動免疫化学発光測定システム“イムライズ”によるTSHの測定,核医学技術16(1),25-32,1996.


 , (2001).

ICMA(Immunochemiluminometric assay)によるCEAの測定-特に低CEA値域をIRMA(Immunoradiometric assay)と比較して-,核医学32(9):1029-1035,1995.


 , (2001).

病院内ラジオイムノアッセイ(RIA)検査業務の自動化,核医学29(4),(1992)


 , (2001).

サイログロブリン“栄研”キットによる短時間法の検討,核医学技術13(1),(1993)


 , (2001).

カキ‘平核無’樹の推定純光合成速度および果実生産性との関係,園学雑. 62(1)(1993)(共著)


 ,(2001).

Alzheimer病におけるHMPAOとECDの乖離に関する研究 --集積機序は病態に依存する?--.核医学35:715-720


 , (1998).

脳のSPECT ---何が診えるか---.核医学技術 19:272-276


 , (1999).

核医学講習会テキスト:イメージング機器


 ,日本アイソトープ協会(1999).

テクネガス漏洩対策(第2報)-フィルタの改善とその効果-,核医学,34(1997)


 , (2001).

ケラチン蛋白質の生化学,“構造,機能,そして遺伝子まで”蛋白質核酸酵素38:2711-2722(1993)


 ,(2001).

99mTc-MIBIによる放線線治療のPredictive Assey,免疫・腫瘍核医学11(1),(1996)


 ,(2022).

カキ‘平核無’のエタノール処理による脱渋機作,園学雑,60(3)(1991)(共著)


 ,(2022).

カキ“平核無”のエタノール処理による脱渋機作,園芸学会雑誌,60巻3号(1991)(共著)


 ,(2022).

摘葉およびジベレリン処理がカキ“平核無”果実のアルコール脱渋後の軟化に及ぼす影響,園芸学会雑誌,62巻4号(1994)(共著)


 ,(2022).

東北本州弧,蔵王火山群早期噴出物の地球化学的研究,東北大核理研報,27(2)(1994)(共著)


 ,(2022).

樹園地におけるカキ“平核無”樹の根群分布と土壤中水分の変化,山形大学農学部農場報告,5(1993)(共著)


 ,(2022).

骨巨細胞腫の再発例におけるPCNA標識率及び細胞核DNA量の検討,日本整形外科学会科学雑誌68(S899)(1994)


 ,(2022).

多核白血球による活性化マクロファージの機能調節,日外会誌,93(1992)


 ,(2022).
業績…