鷹山 (C)1996-2022 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
波…
「波」の検索結果です。
 

学術情報光コアネットワークにおける波長群スイッチングとリンク通過パス数均一化の効果

学術情報光コアネットワークを構築する上で,波長群パススイッチングでは入力ポート数を低減できるが,リンク通過パス数均一化はその効果を劣化させることがないことを明らかにした.


高野勝美, 軽部良, 齋藤慶太, 武田利浩, 伊藤 智博 ,学術情報処理研究,16,131-137(2012).

波長群グループ化方法の光クロスコネクト規模への影響

波長群のグループ化方法として,具体的に3つの方法を取り上げ,それぞれのOXC規模削減の効果を調査し,それぞれのグループ化方法でOXC規模低減に有効な条件を示した.


軽部良,高野勝美,伊藤智博,中川清司 ,電子情報通信学会技術研究報告, 111, 65-70(2011).

開胸下経横隔膜的ラジオ波焼灼療法を施行した大腸癌肝転移の1例


小山基,稲葉行男,林健一,柘植通,神尾幸則,渡部修一 ,手術 2003;57:915-918(2003).

「分散安定化のためのマイクロ波によるカーボンナノチューブの化学修飾」、高分子加工


 ,高分子刊行会(2005).

岩波講座日本通史第14巻・近世4


朝尾直弘・安丸良夫他編  ,岩波書店 (1995).

音響定在波による気泡制御手法に関する研究


阿部豊、山本憲一、中谷文人、足立和成 ,日本機械学会(2005).

音響定在波による気泡制御手法に関する研究


 ,(2005).

音響定在波による気泡制御手法に関する研究


 ,(2005).

雪氷試料の化学解析-アルファ線波高分析法を用いた雪氷中210Pbの高感度測定-, 南極資料, 40, 321-332, 1996.


鈴木利孝, 太田一岳, 藤井理行, 渡辺興亜 ,国立極地研究所(1996).

時系列周波数情報と波形形状を考慮した脳波特徴波検出手法


深見忠典、島田尊正、赤塚孝雄、石川史人、石川文之進、斎藤陽一 ,臨床脳波、vol.46, no.6, pp.367-372, 2004.(2004).

光波コヒーレンス断層画像化法


 ,Bio.Med.Electron. 17/4,8(2003).

文化財建造物探査用超音波音速CT


 ,日本音響学会誌(2002).

波長ルーティング・フォトニックネットワークのための周波数シフタを用いたホップ数計数法


新井菜穂子,中川清司,高野勝美,平中幸雄 ,情報処理学会論文誌,Vol. 44, No. 3, pp. 527-534(2003).

超音波エレクトロニクス振動論


富川義朗編著  富川義朗、広瀬精二、他著 ,(1998).

周波数トラッキング法を用いた磁気軸受系の複数外乱周波数推定と不釣り合い振動制御


劉子河、野波健蔵、有我祐一 ,第11回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集, pp.223-226 (1999).

波長ルーティング・フォトニックネットワークのための周波数シフタを用いたホップ数計数法


新井菜穂子,中川清司,高野勝美,平中幸雄 ,情報処理学会論文誌(2003).

光波と電波の谷間を結ぶ非線形光パラメトリックデバイス, レーザー研究,vol.26, no.8, pp598-602


佐藤学,伊藤弘昌 , (1998).

非線形光学効果を用いた広帯域波長可変コヒーレントTHz波発生, 電子情報通信学会論文誌, vol.J81-C-I, no.2, pp.66-73


川瀬晃道,四方潤一,佐藤学,谷内哲夫,伊藤弘昌 , (1998).

LiNbO3を用いた光パラメトリック発振によるコヒーレントTHz波発生の基礎特性, 電子情報通信学会論文誌, vol.J81-C-I, no.5, pp.267-273


四方潤一,川瀬晃道,佐藤学,谷内哲夫,伊藤弘昌 , (1998).

疑似位相整合を用いた波長変換デバイス, 応用物理, vol.62, no.9, pp.1046-1050


谷内哲夫,佐藤学,伊藤弘昌 , (1998).

光信号処理型ヒルベルト変換器を適用した光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中 喜久治、高野勝美、近藤 和弘、中川 清司 ,電子情報通信学会論文誌J-85-B(2002).

電気段低域減衰等化器を適用した有限次数ヒルベルト変換型光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中 喜久治、高野勝美、近藤 和弘、中川 清司 ,電子情報通信学会論文誌 J-85-B(2002).

中央部に円筒状突起を設けたB11―B11’モード円板を用いた超音波モータ


菊地 実,富川義朗,高野剛浩 ,日本音響学会論文誌58巻7号pp.398―405(2002).

単一刺激課題においてタスクがα波振幅及び位相に与える影響について


深見忠典、島田尊正、赤塚孝雄、石川史人、斎藤陽一 ,臨床脳波、vol.45, no.6, pp.371-376(2003).

単一刺激課題においてタスクがα波振幅及び位相に与える影響について


深見忠典、島田尊正、赤塚孝雄、石川史人、斎藤陽一 ,臨床脳波、vol.45, no.6, pp.371-376, 2003.(2003).

岩波科学ライブラリー 見方が変わるサッカーサイエンス


浅井武、布目寛幸 ,岩波書店(2002).

日独における電磁波規制の動向


 ,一橋法学1巻1号(2002).

スペクトル線幅の広がりを投影とする高散乱媒質の波長依存光CT


渡部裕輝, 湯浅哲也, B. Devaraj, 赤塚孝雄, 稲場文男 ,電子情報通信学会論文誌, J83-D-II(2000).

局所定常自己回帰モデルを用いた脳波特徴波の検出


深見忠典、江森亮太、島田尊正、赤塚孝雄、斎藤陽一 ,電気学会論文誌、pp.1553-1559,Vol.122-C,No.9(2002).

トレンドモデルによる瞬目混入波形からのERP波形の推定


深見忠典、椎名毅、斎藤陽一 ,電子情報通信学会論文誌、pp127-136,Vol.82-D-II,No.1,(1999).

視覚刺激のα波振幅及び位相に及ぼす影響


深見忠典、島田尊正、石川史人、石川文之進、斎藤陽一 ,医用電子と生体工学、38-3,pp203-211(2000).

干渉分光スペクトル分布検出による光反射強度分布再生法-位相同期干渉成分検波法-,レーザー研究,Vol.24,No.3(1996)(共著)


 ,(2002).

光散乱媒質を透した光波コヒーレンス映像法,光学,Vol.26,№11(1997)(共著)


 ,(2002).

極異方性弾性体中の波面形状,


横山 裕,R. G. Payton, 渡辺一実, ,第51巻5号, 296-303頁(2002), 非破壊検査協会誌(2002).

電気段低域減衰等化器を適用した有限次数ヒルベルト変換型光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌(2002).

光信号処理型ヒルベルト変換器を適用した光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌(2002).

局所定常自己回帰モデルを用いた脳波特徴波の検出


深見忠典、江森亮太、島田尊正、赤塚孝雄、斎藤陽一 ,電気学会論文誌、pp.1553-1559,Vol.122-C,No.9,2002.(2002).

超小角と小角散乱を用いた物理ゲルの構造研究 波紋vol.10,No.2, pp32-36.


神保雄次、和泉義信 , (2000).

光信号処理型ヒルベルト変換器を適用した光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌Vol. J85-B, No. 8, pp. 1371-1381 (2002).

電気段低域減衰等化器を適用した有限次数ヒルベルト変換型光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌Vol. J85-B, No. 2, pp. 159-168 (2002).

光・マイクロ波半導体応用技術


阿部,三村,茅根編 ,サイエンスフォーラム(1996).

電波吸収体


小野、内藤、菅井 ,日本国特許 1399245(1987).

文化財建造物の超音波探査


 ,日本の美術422号 至文堂(2001).

5.手/画像検査法と正常像の読影/超音波断層撮影.整形外科画像診断マニュアル/上肢, 松井宣夫・龍順之助編, 東京,(株)メジカルビュー社,190-191,2000.


 ,(2000).

変位拡大機構を有する平板状超音波モータ、日本設計工学会誌、28-6, 251-255


鈴木勝義、平本立一、小沢田正、富川義朗、楊志剛 ,(1993).

進行波で非接触の圧電モータに関する音波の伝送の研究、圧電と音と光(中国四川圧電と音と光技術研究所)、21-4, 291-294


程光明、呉博達、楊志剛、曾平、魯勇、鈴木勝義、広瀬精二 ,(1999).

超音波の波動による摩擦低減に関する研究、圧電と音と光(中国四川圧電と音と光技術研究所)、20-5, 322-325


程光明、曾平、丘暁陽、鈴木勝義、広瀬精二 ,(1998).

突起物を有する平板状振動子を用いた超音波モータ、日本機械学会論文集、62巻602号C, 3938-3943.


楊志剛、鈴木勝義、程光明 , (1996).

スペクトル線幅の広がりを投影とする高散乱媒質の波長依存光CT


渡部裕輝,湯浅哲也,B Devaraj,赤塚孝雄,稲場文男 ,電子情報通信学会論文誌D-II,Vol.J83-D-II,No.1, pp.74-82 (2000).

スポーツによる肘関節障害の診断(超音波断層法).


高原政利、荻野利彦、佐々木淳也 ,臨床整形外科 35(2000).

”複素係数フィルタの周波数特性測定における測定誤差の定量的考察”電気学会研究会資料 電子回路研究会ECT-01-42, pp.1-5, June 2001


庄野和宏、石橋幸男 ,電気学会(2001).

「衝撃波ハンドブック」第8章 第2節pp.641-656, 第8章 第3節pp.705-709


 ,シュプリンガー・フェアラーク東京(1995).

”周波数変換に基づく複素伝達関数の構成とその受動実現”電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J83-A,No.9, pp.1047-1054, Sep. 2000.


庄野和宏、石橋幸男 ,電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J83-A,No.9, pp.1047-1054(2000).

”複素係数フィルタの周波数特性の測定法に関する一考察”電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J83-A, No.12, pp.1486--1494, Dec. 2000


庄野和宏、石橋幸男 ,電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J83-A, No.12(2000).

”発振周波数範囲の広い電圧制御発振器”電子情報通信学会論文誌(C), Vol.J82-CII No.4, pp.232-234, April 1999


庄野和宏、石橋幸男 ,電子情報通信学会論文誌(C), Vol.J82-CII No.4(1999).

捩り振動型超音波プラスチック接合の発熱機構


足立和成・村川英一 ,成形加工,12巻10号,pp.655-661(2000).

ピアノのための2章-雫.そして波紋.霧


ピアノのための2章-雫.そして波紋.霧 ,「山形ケーブルテレビ放映」(2001).

ピアノのための2章-雫.そして波紋.霧


ピアノのための2章-雫.そして波紋.霧  , 「東北の作曲家´00in山形」山形市文翔館(2001).

ピアノのための2章-雫.そして波紋.霧、「第五回アンデパンダン展」


ピアノのための2章-雫.そして波紋.霧、「第五回アンデパンダン展」  ,墨田トリフォニー小ホール(2000).

解説:「弾性波動解析の基礎」(1)ー(7)


 ,機械の研究,48巻11号(1996-11)から49巻5号(1997-5)まで.(1996).

超音波照射超純水のラジカル活性


 ,超音波TECHNO、第12巻、第8号、pp.64-69 (2000).

半導体光増幅器を用いたサブピコ秒光パルス間の高非縮退4光波混合(井上潤,河口仁司)電子情報通信学会誌C-1, Vol.J82-C-I, No. 11, pp.633-641


 , (1999).

ヘテロダインビート信号の高次高調波による位相揺らぎ抑制法と生体断層画像計測への応用, 電子情報通信学会論文誌, vol.J83-C, no.6, pp.533-541


佐藤学,清野勝宏,小野寺一貴,丹野直弘 , (2000).

非線形特性を持つトランスデューサを用いるエッジ接続型アレイム収束する連続波の発生ム


不破慎吾、竹内宏樹、柳田裕隆、田村安孝 ,Proc. Of SICE2000 (CD-ROM、303C-1)(2000).

超音波センサネットを用いた広範囲位置検出システムの開発,精密工学会誌,67-5,pp.764-769,2001,5/5


兪 竹青, 那須康雄, 中嶋新一, 水戸部和久 , (2001).

ウエハ洗浄溶液のラジカル活性に対する超音波照射の影響


加藤正行、落合武臣、大見忠弘、都田昌之  ,信学技報、SDM96-128, pp.79-86(1996).

超音波エレクトロニクス振動論-基礎と応用-


 ,朝倉書店(1998).

電磁波の吸収と遮蔽


 ,日経技術図書(株) (1989).

セキュリティ用超伝導マイクロ波センサの設計・試作・評価


佐藤和明 江畑克史 鈴木敏幸 大嶋重利 鈴木雄一郎 金尾憲一 ,電子情報通信学会 信学技法 (2000).

超音波を用いた高分子材料のポアソン比とヤング率の測定


増渕雄一、滝本淳一、小山清人 ,成形加工, 11(2), 102-107(1999).

岩波現代中国事典(項目執筆)


天児彗ほか ,岩波書店(1999).

工業偏重政策の波間で


 ,朝日新聞社『朝日ジャーナル』通巻835号(1975).

精神作業時脳波に出現する前頭シーター突発波の周期的変動,


佐藤靖丈  ,疲労と休養の科学11(1),(1996).

難波田史男作品集


共著者、竹ノ内いつ子 ,三和アルテ難波田記念室(1999).

難波田龍起作品集


共著者、竹ノ内いつ子 ,三和アルテ難波田記念室(1999).

難波田龍起-「抵抗」の画家-


 ,『難波田龍起展』(財)東京オペラシティ文化財団・北海道立旭川美術館(1999).

難波田龍起「ギリシャ連作」について-〈アクロポリスの空〉を中心に-


 ,立教高等学校編『研究紀要』第25集(1994).

難波田龍起論


 ,筑波大学大学院博士課程芸術学研究科課程博士論文(1996).

難波田龍起「ギリシャ連作」と油彩の古典技法


 ,『現代芸術研究』(1)(1996).

『難波田龍起(2)-抽象表現主義の受容と展開(1957~)』


 ,筑波大学芸術学系芸術教育学研究室編『芸術教育学』第7号(1995).

難波田龍起(1)-抽象表現の形成期(1949~1956)


 ,筑波大学芸術学系芸術教育学研究室編『芸術教育学』第6号(1994).

縦-捩り振動利用の超音波モータ/アクチュエータ,---高トルク構成の実験的検討---


青柳,富川 ,音響学会誌 49巻9号(1993).

液晶フォトニクス材料-光の波動性を利用した光-光制御


金澤 昭彦, 池田 富樹 ,液晶材料研究の基礎と新展開, シグマ出版, 238-252(1998).

二次元情報処理用光機能材料-光波制御の新局面-第3章表示・記録技術概説


金澤 昭彦, 池田 富樹 ,機能材料, 18, 5-11(1998).

超小角と小角散乱を用いた物理ゲルの構造研究、波紋、10、32−36


 , (2000).

科学教育における生徒の意思決定の指導方法-意思決定支援活動及び支援ツールの活用を通して-,筑波大学教育学研究収録,18(1994)


 ,(2001).

秋田県南部を通過した爆破地震動波形にみられる地殻構造の特徴


長谷見 他 ,月刊地球、号外No.27、61-64(1999).

マイクロ波法による導電性ゴムの配向測定


永田紳一、小山清人 ,プラスチック成形加工学会誌(1999).

(紹介)「圧電振動のセンサからパワーデバイスまで, ---山形発:超音波デバイス(山形大学工学部富川研究グループ)---」


富川、青柳 ,超音波TECHNO Vol.12 No.3, 日本工業出版(2000).

(解説)「摩耗問題を克服し新しい局面を迎えた超音波モータ(圧電アクチュエータ),---そのたゆまざる進歩を探る---」


富川、青柳 ,超音波TECHNO Vol.7 No.8~11, 日本工業出版(1995).

超音波エレクトロニクス振動論 基礎と応用


富川義朗 ,朝倉書店(1998).

斜対称形圧電板の縦-屈曲結合振動を利用した超音波モータ


青柳、富川 ,信学会誌,J78-C-Ⅰ(11)(1995).

斜対称形圧電板の縦-屈曲結合振動を利用した超音波モータ


青柳, 富川 ,電子情報通信学会論文誌 Vol.J78-C-I No.11(1995).

光散乱媒質を透した物体の位相補正光波コヒーレンス映像法


市村 勉、仲本秀和、保坂浩司、丹野直弘 ,光学(2000).

光散乱媒質を透して視る光波コヒーレンス映像法


市村 勉、冨田 展弘、丹野直弘 ,レーザー研究(1999).

衝撃を受けたCFRP積層板の超音波映像および残存強度


栗山卓,佐藤淳,阿部利彦 ,材料vol.39,No.438(1990).

南京還都-永楽19年4月北京三殿焼失の波紋-


 ,『明清時代の法と社会』所収 汲古書院(1993).

パルス管冷凍機内の温度振動に及ぼす運転周波数の影響


瀬尾和哉、白石正夫、村上正秀 ,低温工学, vol.31, pp. 9-16(1996).

超音波メスを用いたペースメーカー植え込み後開心術の1例 日本胸部外科学会雑誌46卷p127-129,1998


箕輪隆、永江宣明、斎藤浩幸、渡辺隆夫、押切直、島崎靖久 ,日本胸部外科学会(2001).

ヘテロダインビート信号の高次高調波による位相揺らぎ抑制法と生体断層画像計測への応用


佐藤学、清野勝宏、小野寺一貴 ,電子情報通信学会論文誌 J-83-C (6) pp.533-541(2000).

光散乱媒質を透した物体の位相補正光波コヒーレンス映像法


市村勉、仲本秀和、水野崇、保坂浩司 ,光学 29 (5) pp.308-315(2000).

位相補正光波コヒーレンス映像法


仲本秀和、水野崇、保坂浩司、市村勉 ,信学技報 OME98-94, OPE 98-88 (1998-10) pp.64-71(1998).

光散乱媒質を透した物体の光波コヒーレンス映像法


市村勉、武田雅雄、船場忠幸、遠藤茂 ,光学 26 (11) pp.599-607(1997).

光散乱媒質を透して物体を視る光波コヒーレンス映像法


市村勉、冨田展弘、船場忠幸、遠藤茂 ,信学技報 OPE97-45, LPE97-41 (1997-07) pp.65-72(1997).

干渉分光スペクトル分布検出による光反射強度分布再生法 -位相同期干渉成分検波法-


市村勉、安藤直樹、小田切良樹、船場忠幸、遠藤茂 ,レーザー研究 24(3)pp.404-412(1996).

干渉分光スペクトル分布検出による光反射強度分布再生法 -直接検波法-


市村勉、安藤直樹、小田切良樹、船場忠幸、遠藤茂 ,レーザー研究 24(3)pp.394-403(1996).

難波田龍起-抽象の生成


 ,美術出版社(1998).

難波田龍起・松本竣介・靉光の油彩技法について


 ,美術史学会編『美術史』145冊 (1998).

KrFエキシマレーザガス寿命の繰り返し周波数依存性


南谷靖史,斎藤善夫,伊藤寛,佐藤行雄 ,電気学会論文誌A,第117-A巻第11号,1143頁~1144頁(1997).

障害児の発達をうながす看護援助と発達検査および脳波による評価


佐藤由美子,福井里佳,遠藤芳子 ,日本小児看護研究学会誌,6(2)(1997).

沼倉堅一、山本卓二、大谷浩一:S1+R-S2+R-paradigm(CNV)について. 臨床脳波 42, 641-645, 2000.


 , (2001).

沼倉堅一,十束支朗,山本卓二:CNVにおける第一刺激での運動反応の影響。脳波と筋電図22:272-280(1994)


 , (2001).

沼倉堅一,十束支朗,山本卓二:CNVパラダイムにおける運動反応-無反応条件を指標として-。脳波と筋電図24:67-73(1996)


 ,(2001).

大動脈内バルーンパンピングの心補助効果に関する心力学的研究(埋め込み型超音波変位センサーによる検討)。


朝田政克、中村孝夫、松本健郎、林紘三郎、酒井圭輔、田辺達三、益田春彦 ,人工臓器、Vol. 20, pp. 909-914(1991).

超音波エレクロニクス振動論 -基礎と応用-


富川義朗 編著 他11名 ,朝倉書店(1998).

音響定在波による液中気泡の並進運動制御システムの開発


阿部豊、渡辺正、足立和成、山本憲一 ,日本機械学会論文集(2000).

捩り振動型超音波プラスチック接合の発熱機構


渡辺一実、足立和成、村川英一 ,プラスチック成形加工学会誌「成形加工」(2000).

突起物を有する平板状振動子を用いた超音波モータ,日本機械学会論文集,62巻602号C(1996)(共著)


 ,(2001).

特異な脳波異常を呈したdouble cortex syndromの1例,臨床脳波・永井書店,34,1992(共著)


 ,(2001).

音声速度変換処理(s処理)システムの評価,筑波英語教育,14


中山和男、山口常夫、中西達也、冨田かおる  , (1993).

地価変動の波及と都市システムとの関連に関する研究,文部省科学研究費補助金研究成果報告書(課題番号07780135)


 , (1996).

脳梗塞患者の経静脈ぶどう糖負荷による脳波の変化に関する研究,弘前医学48(1996)(単著)


 ,(2022).

無侵襲撓骨トノメトリ法を用いた 中心動脈圧波形推定におけるFourier解析法およびARXモデルの精度について,第11回日本ME学会秋期大会論文集(1997)


 ,(2022).

伝達関数を用いた無侵襲撓骨トノメトリ波形からの中心動脈圧推測波形,日本臨床モニター第9巻 Supplement(1998)


 ,(2022).

不登校生徒の頭痛について-異常脳波のみられた2例を中心に-,診療と新薬,32(6)(1995)


 ,(2022).

閃輝暗点発作にて発症しgyrectomyにて術中に発作波の消失を確認し得たlocalized gliomaの一例,脳神経外科,25,1997,


 ,(2022).

干渉分光スペクトル分布検出による光反射強度分布再生法-位相同期干渉性分検波法-,レーザー研究,24(3)(1996)(共著)


 ,(2022).

干渉分光スペクトル分布検出による光反射強度分布再生法-直接検波法-,レーザー研究,24(3)(1996)(共著)


 ,(2022).

個性と感情の発達,岩波書店(1994)(共著)


 ,(2022).

9速度セルラオートマトン法による衝撃波の数値シミュレーション 日本機械学会論文集B編,619(64)(1998)(共著)


 ,(2022).

岩波生物学辞典,第4版,「視覚及び網膜に関する項目」,平成8,岩波書店


 ,(2022).
業績…