鷹山 (C)1996-2022 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
【業績】 ZnO Marker for a Radio Frequency ESR Spectrometer

ID⇒#16009@業績;
要約【業績】T. Ito…らは、2001年にZnO Marker for a Radio Frequency ESR Spectrometerについて報告し、インビボ生体計測が可能な低周波電子スピン共鳴(ESR)装置(L-バンドESR装置)で利用できるラジカルマーカーについて書いてあります。 L-バンドESR装置で利用きるマーカーは、存在していな…と述べている⇒#16009@業績;。
著作タイプ論文
管理者伊藤 智博
管理所属学術情報基盤センター
著者T. Ito, M. Sugawara, T. Ogata
出版社(発行者)Chem. Lett., 928-929
発行年月日2001/09/01
PME形式T. Ito, M. Sugawara, T. Ogata,ZnO Marker for a Radio Frequency ESR Spectrometer,Chem. Lett., 928-929 ,2001/09/01
一般形式T. Ito, M. Sugawara, T. Ogata,ZnO Marker for a Radio Frequency ESR Spectrometer,Chem. Lett., 928-929 (2001).
その他J-GLOBAL MS_Academic CiNii
関連外部URL
内容インビボ生体計測可能な低周波電子スピン共鳴ESR装置L-バンドESR装置で利用できるラジカルマーカーついて書いてあります
L-バンドESR装置で利用きるマーカー存在していなかったそこで文献など検索酸化亜鉛ZnO中の酸素空孔示すg=1.96付近のESR信号適していることがわかり実際に合成しL-バンドESR装置で測定したこのマーカーよって共振器感度変わっても高精度ラジカル濃度決定することができるようになり低周波ESR法定量性向上した
共振器ループギャップ共振器使用した1)2)