(C)1996- 2022   Copyright  データベースアメニティ研究所
バーチャル卒業式やりませんか?

BMIBF4中でのアルミニウムのブレークダウン(CP)



BMIBF4中でのアルミニウムブレークダウン

ブレークダウン電位1)2)に到達すると電位はそれ以上あがらなくなります

銀電極に対する電位
時間は秒

各種電解液におけるアルミニウムクロノポテンショグラム.xls
表面技術締切253)

なおこのブレークダウン電圧は有機電解液中の水分濃度とともに上昇し1200ppmの水分含むLiBF458Vとなりその後の水分増加に対しては頭打ちとなる9)水溶液中の(1)式と異なり有機電解液中では (3)式あるいは(4)式のようにアルミニウム溶質反応する上生成する皮膜の組成も異なるしたがってブレークダウン電圧単純に電解質のアニオン濃度モル分率で議論すること10)はむずかしくなるしかし定電圧保持したときの漏れ電流は有機電解液中の水分濃度とともに減少することから有機電解液水溶液かかわらずアルミニウム不働態皮膜表面欠陥濃度ブレークダウン電圧密接関係していることは読んで取れる


緒言
田中良樹…らは2005年に石川県地場産業振興センターで開催された表面技術協会第112回講演大会においてイオン性液体中におけるアルミニウムアノード酸化ブレークダウン電圧ついて報告している4)

実験方法
電解液5)にはBMIBF4使いました
クロノポテンショメトリー6)ブレークダウン電位7)測定しました
コペル91018)

考文献
よしきは2006年にそれまでの研究エネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜の欠陥制御というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した9)


関連講義卒業研究-電気化学2004,ブレークダウン電位10)



実験方法 > 測定と評 > クロノポ > ブレークダウン電位,クロノポテンショメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

【投稿】非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電圧
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

イオン性液体中におけるアルミニウムのアノード酸化とブレークダウン電圧
田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,表面技術協会第112回講演大会講演要旨集 (2005).

実験方法 > 材料&試 > 電解液 > イオン液体関連,電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 測定と評 > クロノポテンショメトリー,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

実験方法 > 測定と評 > クロノポ > ブレークダウン電位,クロノポテンショメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

コペル9101
,9101,,(コペル電子㈱,).

実験方法 > 測定と評 > クロノポ > ブレークダウン電位,クロノポテンショメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1実験方法 > 測定と評 > クロノポ > ブレークダウン電位,クロノポテンショメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2ブレークダウン電圧 VB / V.
(3【投稿】非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電圧
立花 和宏, 研究ノート, (2009).
(4イオン性液体中におけるアルミニウムのアノード酸化とブレークダウン電圧
田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,表面技術協会第112回講演大会講演要旨集 (2005).
(5実験方法 > 材料&試 > 電解液 > イオン液体関連,電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(6実験方法 > 測定と評 > クロノポテンショメトリー,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(7実験方法 > 測定と評 > クロノポ > ブレークダウン電位,クロノポテンショメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(8コペル9101
,9101,,(コペル電子㈱,).
(9エネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜の欠陥制御
田中 良樹, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2006).
(10実験方法 > 測定と評 > クロノポ > ブレークダウン電位,クロノポテンショメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).