鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【研究ノート】 【論文】かずみ:EDLCおよびリチウムイオン二次電池の集電体における炭素担持電極の接触抵抗低減の効果

一覧戻る進む
研究ノート-【論文】かずみ:EDLCおよびリ@657-【論文】かずみ:EDLCおよびリチウムイオン二次電池の集電体における炭素担持電極の接触抵抗低減の効果

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

ID⇒#657@研究ノート;
要約【研究ノート】【論文】かずみ:EDLCおよびリチウムイオン二次電池の集電体における炭素担持電極の接触抵抗低減の効果⇒#657@研究ノート;
日時記録=2007/1/13, 修正=2007/3/21
研究者立花 和宏
リンク関連外部URL=http://c1.yz.yam…, 学認共有URL=講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
内容かずみ1)

200712師走執筆中

論文全体拝見いたしますとアルミニウム集電体トーヤルカーボ集電体比較なっていますアルミニウム集電体よりトーヤルカーボ集電体方が接触抵抗が小さいことEDLCモデルリチウムイオン次電池モデル両面から実証しているように思います

題名には高速充放電化ありますが充放電レート変えた実験データありませんのでむしろたとえばEDLCおよびリチウムイオン次電池の集電体における炭素担持電極の接触抵抗低減の効果などの題名の方が内容より的確に表現しているのではないかと思います考ください

内部抵抗ついて本文中に記述がありますが実験方法内部抵抗算出項目設けられていますのでその結果ひとつの表に明示した上でその表にもとづいて本文で論じた方がよいと思います

言えばFIGからもシミュレーション接触抵抗求めてFIGから求めた値と比較したいところですがそれはきたらということでころで記述されている接触抵抗は方法使ってFIGから求めたんですよね?明記お願いします
by 立花和宏
研究ノート
2007年1月
精密応用化学専修コース(H17)
(A) 専門知識の習得と継続的学習
(B) データ収集と解析および問題解決能力
(C)創造力およびコミュニケーション能力の育成
(D)人類の幸福に貢献できる技術者の育成
ライブカメラ
【投稿】組み電池のためのコッククロフトウォルトン回路を用いた充電器の設計と動作確認
【NCV収録】撮影準備
【論文】かずみ:EDLCおよびリチウムイオン二次電池の集電体における炭素担持電極の接触抵抗低減の効果
【議事】バインダ
【NCV収録】雪は天からの贈り物
2007年(H19)研究室配属
【DF】【見学】日産自動車追浜工場@神奈川県横須賀市
ディレクトフォース
研究ノート…
試料…
試料使用履歴…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
HyperLink