鷹山 (C)1996-2018 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

低粘性炭素分散液を使用した活物質スラリーの濃度と粘度(LMO1) 一覧戻る進む
図. 低粘性炭素分散液を使用した活物質スラリーの濃度と粘度(LMO1)

項目
ID⇒#1138@グラフ;
要約【グラフ】図に低粘性炭素分散液を使用した活物質スラリーの濃度と粘度(LMO1)の⇒#0@プロット;を示す。ここで、横軸は重量百分率⇒#131@物理量;であり、縦軸は粘度⇒#24@物理量;である。この図より低粘性炭素分散液を使用した活物質スラリーの濃度WBと粘度η 活物質:マンガン酸リチウム(ε=3.7) 分散液:分散剤⇒#13191@試料;…であることがわかる⇒#1138@グラフ;。
名前低粘性炭素分散液を使用した活物質スラリーの濃度と粘度(LMO1)
試料(サンプル)LiMn2O4
プロットタイプ
評価方法とりあえず測定する
研究者鈴木健太
X軸重量百分率/パーセント(0 ~ 10)10
Y軸粘度/ミリパスカル秒(0 ~ 200)200
 
 
説明
粘性炭素分散液使用した活物質スラリー濃度WBと粘度η

活物質マンガンリチウム(ε=3.7)
分散液分散剤1)
数値
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧