鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【場所】 仁科研究室(南東側)たたみ部屋

場所リンク
9号館/仁科研(東)
3号館/電池(東)
ESR実験室
ESR測定室
9号館/測定室
情セ米沢分室
VBL
化学準備室
無機系測定室
仁科プロジェクト
3号館/電池(西)
メニュー(携帯)
9号館/仁科研(西)

ID⇒#18@場所;
要約【場所】仁科研究室(南東側)たたみ部屋⇒#18@場所;
キャプション仁科研究室(南東側)たたみ部屋
部屋番号9-300-3
内線番号3781
建物9号館
フロア未入力
キャンパス米沢キャンパス
管理者仁科 辰夫
部署生体計測科学講座
場所(未登録 > 9号館3 > 9号館: > 仁科研究室(南東側)たたみ部屋
外部リンクhttps://edu.…
内容仁科研究室南東側ですがしいてあって疲れたら寝ることができます
リチウムイオン二次電池アルミニウムなど研究しています

●Cラボラトリー電気化学グループ1)の関連スペース

装置と器具2)

関連場所
米沢キャンパス3)

号館4)
生体センシング仁科研究室西側5)
生体センシング仁科研究室東側6)
仁科プロジェクト7)

号館8)
3308東側9)
3308通路10)
3308西側講座電気化学グループ11)
3304仁科教授室12)

緒言と目的13)

2005年度ノート14)
電気化学の庵15)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,電解質16)

実験方法 > 装置と器具,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

 > 米沢キャンパス,
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).

米沢キャ > 9号館(総合教育研究棟),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).

9-300-3 仁科研究室(シェア部)場所.

9-300-3 仁科研究室(南東側)たたみ部屋場所.

9-300-3 仁科プロジェクト場所.

米沢キャ > 3号館(物質化学工学棟),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).

3-3308 3―3308:(東区画)場所.

3-3308 3―3308:(北通路)場所.

3-3308 3―3308:C1講座(西区画)場所.

3-3304 仁科教授室(東側)場所.

緒言(C > 緒言と目的,緒言(C1講座)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

2005年(平成17)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

電気化学の庵
立花 和宏, 研究ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 電解質,電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1C1ラボラトリー(電気化学グループ)研究室.
(2実験方法 > 装置と器具,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(3 > 米沢キャンパス,
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).
(4米沢キャ > 9号館(総合教育研究棟),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).
(5) 9-300-3 仁科研究室(シェア部)場所.
(6) 9-300-3 仁科研究室(南東側)たたみ部屋場所.
(7) 9-300-3 仁科プロジェクト場所.
(8米沢キャ > 3号館(物質化学工学棟),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).
(9) 3-3308 3―3308:(東区画)場所.
(10) 3-3308 3―3308:(北通路)場所.
(11) 3-3308 3―3308:C1講座(西区画)場所.
(12) 3-3304 仁科教授室(東側)場所.
(13緒言(C > 緒言と目的,緒言(C1講座)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(142005年(平成17)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(15電気化学の庵
立花 和宏, 研究ノート, (2006).
(16実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 電解質,電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
Label
区画
キャビネット
(ID=26) 有機試薬置き場① ( 仁科研究室(南東側)たたみ部屋 ,6番地 )
(ID=29) 論文置き場 ( 仁科研究室(南東側)たたみ部屋 ,6番地 )
(ID=67) グローブボックスA ( 仁科研究室(南東側)たたみ部屋 ,9 )
(ID=68) グローブボックスB ( 仁科研究室(南東側)たたみ部屋 ,9 )
キャビネット…
装置目録

卓上型超音波洗浄器

 (ヤマト科学(株)  , 2510J-DTH, ヤマト科学(株))
仁科研究室(南東側)たたみ部屋

ポテンショスタット・ガルバノスタット

 (北斗電工㈱  , HOKUTO DENKO HA-151)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋

ノートパソコンX31(MUSASHI) ドメインYZDN

 (  , X31)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋

EC METER

 (TOA  , TOA CM-60C)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋

Nexus7

 (ASUS  , Nexus7)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋番地

ファンクションジェネレーター

 (北斗電工㈱  , HOKUTO DENKO HB-111)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋

デジタルハイスコープ

 (HIROX  , HIROX KH-2400)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋

パソコン(液晶ディスプレイ)

 (富士通株式会社  , FMVDK4C061)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋93番キャビネットの左のほう

ファンクションジェネレーター

 (  , KENWOOD FG-273A)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋

ホットプレート

 (  , IWAKI GLASS PC-351)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋

ポテンショスタット・ガルバノスタット

 (北斗電工㈱  , HOKUTO DENKO HA-151)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋300-3から3-3301に移動済み

オシロスコープ

 (  , TEXIO CS-4125A)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋

音叉振動式(SV型)粘度計

 (  , SV-1H)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋

POTENTIOSTAT/GALVANOSTAT

 (  , PS-14)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋番地

POTENTIO/GALVANOSTAT HA-151B

 (  , HA-151B)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋番地

POTENTIO/GALVANOSTAT HA-151B

 (  , HA-151B)
仁科研究室(南東側)たたみ部屋番地
測定装置…
試料目録
 

ミリング試料039

 

ミリング試料038

 

ミリング試料037

 

ミリング試料036

 

ミリング試料035

 

ミリング試料034

 

ミリング試料033

 

ミリング試料032

 

ミリング試料031

 

ミリング試料030

 

ミリング試料029

 

ミリング試料028

 

光触媒サンプル

 

光触媒サンプルBL

 

光触媒サンプルBL

 

光触媒サンプルB液

試料…
消耗品

垂直配向セル(HH-20)

 … 仁科研究室(南東側)たたみ部屋

垂直配向セル(HH)

 … 仁科研究室(南東側)たたみ部屋

マイクロシリンジ

 … 仁科研究室(南東側)たたみ部屋

蓑虫コード

 … 仁科研究室(南東側)たたみ部屋

評価用ガラスセル

 … 仁科研究室(南東側)たたみ部屋
消耗品…
研究テーマ

種々の粒子形態を有するLiMn2O4の合成とリチウム二次電池用正極活物質としての評価

種々の粒子形態を有するLiMn2O4の合成とリチウム二次電池用正極活物質としての評価 マンガン酸リチウムについて活物質の粒径を変えて性能との関係を調査しました。 ○千葉祐毅,…らは、1997年に大阪豊中で開催された第38回電池討論会において正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-について報告している⇒#7@学会;。 Kazuhi…らは、て報告し、リチウムイオン二次電池のLiMn2O4コンポジット電極について充放電サイクルによって電極がどのように変化するかを電子顕微鏡で断面観察した。 ○千葉祐毅,…らは、1997年に大阪豊中で開催…と述べている⇒#8504@業績;。 マンガン酸リチウム(三井金属鉱業)⇒#494@材料; 粒度分布⇒#19@プロット; 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),マンガン酸リチウム(スピネル)⇒#838@講義; ―――――― ◆1997(平成9)年度研究ノート⇒#221@ノート; ◆1996(平成8)年度研究ノート⇒#229@ノート; ◆1995(平成7)年度研究ノート

ちば, 山形大学 修士論文(松木・仁科研究室), (1998).

電池充放電システムの開発

東洋システムに電池のインターンシップに行きました。 MS-Windowsにシステムを乗せ変えた時期です。 ◆1998(平成10)年度ノート⇒#211@ノート;

かなざわ, 山形大学 卒業論文(松木・仁科研究室), (1999).

リチウム二次電池における正極集電体アルミニウムの有機電解液中の電気化学的挙動

⇒#15994@業績;

立花 和宏, 山形大学 博士論文(), (1900).

アルミニウム電極への炭素塗布圧の影響

【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),【2002年度(平成14)卒業研究】⇒#481@講義;

きの, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2004).

ニオブアノード酸化皮膜の絶縁特性に及ぼす熱処理雰囲気の影響

坂本⇒#176@卒論;や岡田⇒#192@卒論;の論文をもとに研究しました。 伊藤晋,立花…らは、2003年に福島県立医科大学(福島市光が丘1)で開催された化学系9学協会連合東北地方大会においてニオブコンデンサ用固体電解質のニオブアノード酸化皮膜への最適塗布条件について報告している⇒#110@学会;。 ニオブはタンタル電解コンデンサに替わる材料として注目されている。実際のコンデンサでは固体電解質であるカソード材料が接触していて、接触界面が存在している。今までにカソード材料を接触させない状態でのニオブアノード酸化皮膜の特性に及ぼす熱処理などが検討されてきた。1),2)そこで、雰囲気を変え熱処理を行ったニオブアノード酸化皮膜にカソード材料を接触させたときの絶縁特性を検討した。 2、実験方法 ニオブワイヤー(日本ケミコン提供、純度99.9% φ0.30mm)を13cmに切り10cmを渦巻き形状に巻き、3cmを柄とし、約φ0.7mmの円形電極(電極面積:0.8cm2)を作成した。円形電極を前処理としてアルカリ脱脂を行い、電気炉を用いてHe、CO2、Ar+H2 の雰囲気中で1000

にゃんさん, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2004).

ニオブアノード酸化皮膜の絶縁特性に及ぼす水分の影響

●2003年度(平成15年度)卒業研究⇒#476@講義; ◆2003(平成15)年度ノート⇒#199@ノート; <緒言及び目的> 現在、小型大容量のコンデンサとしてタンタル固体電解コンデンサが実用化されているが、タンタルの資源は希少であるため、高価であり、需要の大小により価格が変動し供給安定性が悪い。そのため最近ではタンタルに変わる陽極材料として、アノード酸化皮膜の誘電率が40と高く、資源が豊富なニオブに注目が集まっている1?。しかしニオブのアノード酸化皮膜は、タンタルのアノード酸化皮膜に比べ、熱による影響を受けやすく、容量がバイアスに依存し、漏れ電流が多い等の欠点がある2?。それらの諸問題を解決すべくニオブの酸化皮膜の研究がされているが3?、絶縁特性に関して酸化皮膜/電解液界面でしか評価されてこなかった。そこで本研究では実際の固体電解コンデンサに類似した酸化皮膜/固体電解質界面での絶縁性と水分の影響について明らかにすることを目的とした。 <実験方法> ニオブワイヤ(φ0.3mm、99.9%、ニラコ製)を13cm切り取り、そのうちの10cmを渦巻状(約φ=7mm)にし電極

四式, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2004).

リチウムイオン二次電池用有機電解液の水分濃度による正極合材が接触したAl集電体上の副反応

○大津拓也らは、2003年に大阪府堺市で開催された第44回電池討論会において リチウム電池用有機電解液における合材が接触したアルミニウム集電体上の副反応の抑制について報告している⇒#115@学会;。 有機電解液中の水分はアルミニウムの不働態化に影響を及ぼす。立花和宏らは、2000年に千葉で開催された2000年電気化学秋季大会においてリチウム電池駆動用電解液中でのアルミニウムの不働態化-水分の影響-について報告している⇒#68@学会;。 ○大津拓也,…らは、2003年に福島県福島市で開催された化学系9学協会連合東北地方大会においてリチウム電池用有機電解液における合材を接触したアルミニウム集電体への前処理による皮膜安定性の向上について報告している⇒#111@学会;。 過塩素酸リチウム⇒#473@化学種;中のアルミニウム集電体上で発生する気泡を観察した結果、が水分濃度が多くなるほど多くなりました。 水分⇒#841@講義; ●2004年度(平成16)卒業研究⇒#475@講義; ◆2004(平成16)年度ノート⇒#195@ノート; ◆2003(平成15)年度ノート⇒

オーツー, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2005).

リチウムイオン二次電池用有機電解液中の水分濃度による正極合材が接触したAl集電体上の副反応

リチウムイオン二次電池の正極集電体と接触抵抗の関係。 ◆2004(平成16)年度ノート⇒#195@ノート; SEN⇒#267@卒論; ◆2003(平成15)年度ノート⇒#199@ノート; 【申請】アルミニウム研究助成⇒#850@ノート; 【論文】たちばな;電池の高速充放電に関する論文⇒#244@ノート;

かんちゃん, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2004).

蓄電ゴムに関する研究(仮)

リチウムイオン電池用有機電解液における合材を接触したアルミニウム集電体の前処理による皮膜安定性 リチウムイオン二次電池におけるアルミニウム集電体の前処理の影響、ゴム電極の開発。ゴム電極を使ったリチウムイオン二次電池。 従来の正極合材の製造プロセスは電池活物質と導電助剤とバインダーにより結着させアルミ表面上に塗布していたが、集電体と正極合材の剥離による容量の劣化や、接触抵抗などの問題点がある。そこでバインダーの代わりにゴムを用い、そのゴムに活物質、導電助剤、を練りこんで用いたリチウムイオン二次電池を作製した。本実験は有機電解液を使用し、蓄電性ゴムの電池特性と電池用電極としての作動を検討した。 ◆2003(平成15)年度ノート⇒#199@ノート; ●2003年度(平成15年度)卒業研究⇒#476@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),蓄電性ゴム⇒#1069@講義;

まみねえ, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2004).

廃棄された自動車用鉛電池の再生とそのテスト方法

廃棄された自動車用鉛電池の再生とそのテスト方法 鉛蓄電池のサルフェーションについて研究した。 指導教員:菅原陸郎教授

あそ, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2004).

二酸化マンガンを活物質としたKOH水溶液を電解液に用いたマンガン二次電池の能力低下に影響を及ぼす諸因子の検討及び研究結果のWEB上での公開

二酸化マンガンを活物質としたKOH水溶液を電解液に用いたマンガン二次電池の能力低下に影響を及ぼす諸因子の検討及び研究結果のWEB上での公開 【2002年度(平成14)卒業研究】⇒#481@講義;

なりた, 山形大学 修士論文(仁科・立花研), (2004).

ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果

ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果 電解コンデンサのカソード材料として、二酸化マンガン、ポリアニリン、ポリピロール、ポリチオフェンを塗布して評価しました。 現在は、R組み込みのコンデンサについて検討中#12。 ニオブでは花弁状の形状欠陥がある(文献:長原ら⇒#93@ノート;) 水分が多いに影響する(発表:田中ら) ニオブアノード酸化皮膜の表面に生じる花弁状の形状欠陥は、温度が高いときに多発することを確認。 親水性ポリマーを使ってもれ電流を低減? アルミニウム|酸化皮膜|導電性高…は、あかみねは、2005年に、それまでの研究をニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#255@卒論;。 川久保…ことが知られている⇒#2884@講義;。 立花和宏,○…らは、2005年に石川県地場産業振興センターで開催された表面技術協会第112回講演大会において定電位アノード酸化の温度条件とバルブメタルアノード酸化皮膜の構造変化について報告している⇒#188@学会;。 赤

あかみね, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2005).

電解液中での種々のバルブメタルのアノード酸化における速度論的パラメータ

ニオブの有機電解液中での耐食性について⇒#206@卒論;⇒#207@卒論;。過塩素酸リチウムでは水分量が少ないときに腐食する。これはアルミニウムと対照的⇒#193@卒論;。四フッ化ホウ酸リチウムでは皮膜成長が見られないが、SEM写真観察ではピットは観察されない。かねこ君が明らかにしてくれました。 ●2004年度(平成16)卒業研究⇒#475@講義;

かねこ, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2005).

鉛蓄電池負極サルフェーションと電池構成部材の純度

鉛蓄電池負極サルフェーションと電池構成部材の純度 A04 山形大学工学部物質化学工学科 立花・仁科研究室 01512032 小林郁衣  Anode Sulfation of Lead-Acid Batteries and Fineness of the Battery Structure Material 1.緒言 鉛蓄電池は1859年にプランテによって発明されて以来、基本原理は変わっていない。そのため1950年代に鉛蓄電池研究のピークを迎えてからは、その実用状況の多さと比べてあまり研究されなくなった。しかし現在、鉛蓄電池の使用用途が時代とともに変化し、新たな研究課題が生じてきた。それが負極のサルフェーションである。本研究では1950年代にはまだなかったSEMなどの最先端機器を用いて負極のサルフェーションを観察し、さらに減少させる方法について検討する。 2.目的 サルフェーションとは鉛蓄電池の放電の際にできる硫酸鉛(PbSO4)のことで、結晶が硬質化すると充電しても硫酸イオン(SO42-)と鉛(Pb)に戻らなくなる。 正極:PbO2+SO42-+4H++2e-→PbS

じずかちゃん, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2005).

大学法人化伴う関連法規に対応した化学物質管理・公開システムの開発

PRTR法に対応した化学物質管理・公開システムの開発 大学法人化伴う関連法規及び毒物・劇物に対応した化学物質管理・公開システムの開発 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学グループ-2004~2005),【2005年度(平成17)卒業研究】⇒#474@講義;

そねりょう, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2005).

クエン酸錯体法によって合成したLiMn2O4の形状制御と電池特性の改善

マンガン酸リチウムの焼成温度によって活物質の粒径が異なることを見出し、活物質の粒径が小さいほど高速充放電が可能であることを明らかにしました。 雨宮らは爆発的な合成をしました⇒#185@卒論;。 クエン酸錯体⇒#815@講義; 【進学】 はらは、2007年に、それまでの研究をクエン酸錯体法によるリチウムイオン二次電池正極活物質の合成とハイレート特性評価というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#368@卒論;。

はら, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2005).

卒論…