鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【学会】 Study on longevity assessment of LiI batteries for cardiac pace…
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#228@学会;
要約【学会】Nishim…らは、2008年にヒルトン・ハワイアンヴィレッジ(米国ハワイ州ホノルル市) で開催された214th Meeting of ECS においてStudy on longevity assessment of LiI batteries for cardiac pacemakers using the impedance measurement techniqueについて報告している⇒#228@学会;。
タイトルStudy on longevity assessment of LiI batteries for cardiac pacemakers using the impedance measurement technique
講演番号
発表者Nishimata tatsuki, Shishido michiaki,Tachibana kazuhiro,Nishina tatsuo,Ishikawa norio,Kakemizu ryuji,Takano joji,Watanabe nao,Kurita yasuo,Hashiizume kenichi
会議名214th Meeting of ECS
場所ヒルトン・ハワイアンヴィレッジ(米国ハワイ州ホノルル市)
会期2008/10/12
イベント214th Meeting of ECS
URL
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URL
管理者立花 和宏
研究グループ仁科・立花研究室(旧応用化学C1講座)
PME形式Nishimata tatsuki, Shishido michiaki,Tachibana kazuhiro,Nishina tatsuo,Ishikawa norio,Kakemizu ryuji,Takano joji,Watanabe nao,Kurita yasuo,Hashiizume kenichi,Study on longevity assessment of LiI batteries for cardiac pacemakers using the impedance measurement technique,214th Meeting of ECS ,ヒルトン・ハワイアンヴィレッジ(米国ハワイ州ホノルル市) , ,2008/10/12
書誌情報Study on longevity assessment of LiI batteries for cardiac pacemakers using the impedance measurement technique
Nishimata tatsuki, Shishido michiaki,Tachibana kazuhiro,Nishina tatsuo,Ishikawa norio,Kakemizu ryuji,Takano joji,Watanabe nao,Kurita yasuo,Hashiizume kenichi,214th Meeting of ECS 講演要旨集 (2008).

発表テーマインピーダンス測定法によるペースメーカリチウムヨウ素電池寿命評価法に関する研究

Study on longevity assessment of LiI batteries for cardiac pacemakers using the impedance measurement technique

Nishimata tatsuki (Graduate School of Science and Engineering, Yamagata University)
Shishido michiaki (Tsuruoka National College of Tecnology)
Tatibana kazuhiro (Graduate School of Science and Engineering, Yamagata University)
Nishina tatsuo (Graduate School of Science and Engineering, Yamagata University)

Ishikawa norio
(NIHON KOHDEN CORPORATION)
Kakemizu ryuji
(NIHON KOHDEN CORPORATION)
Takano joji
(NIHON KOHDEN CORPORATION)
Watanabe nao
(NIHON KOHDEN CORPORATION)
Kurita yasuo
(Hiratsuka City Hospital)
Hashiizume kenichi
(Saiseikai Utsunomiya Hospital)

Human Sensing & func sensor eng
Yamagata University
4-3-16 Jonan Yonezawa Yamagata, Japan

にしまた1)

学会主催 本会ECS共催 応用2)
関連講義卒業研究-電気化学2004,リチウムヨウ素電池3)

山口晃…らは1993年に広島で開催された第34回電池討論会において単正弦波相関法によるリチウム次電池の性能評価について報告している4)

ペースメーカリチウムヨウ素電池の検討5)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,活物質|電解質界面6)
仁科先生の工場見学ルポ,日本光電7)



(1交流信号の利用による電気化学デバイスのマネージメントシステム
西俣 樹, 修士論文, (2009).
(2【学会】主催 本会、ECS共催 応用@ハワイ
立花和宏, 研究ノート, (2008).
(3緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 一次電池 > リチウムヨウ素電池,一次電池―乾電池など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(4単一正弦波相関法によるリチウム二次電池の性能評価
立花和宏, ○山口晃, 松木健三,第34回電池討論会講演要旨集 (1993).
(5ペースメーカ用リチウムヨウ素電池の検討プロジェクト.
(6結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 活物質|電解質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(7医療・バ > 日本光電,医療・バイオ関連
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2008).

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧