鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 フリーラジカル


項目
ID⇒#1888
キーワードフリーラジカル
ソース情報
品詞
内容
化合物カケラきれっぱし単にラジカル日本語遊離基ともいいます分子内にひとつ以上の不対電子もつものフリーラジカルいいますたんにラジカルといった場合は官能基のことさしますがその中で特に活性があり不安定なものさします活性酸素重項酸素1)酸素フリーラジカルです食品中のフリーラジカル健康に関係があるようです2)ガスが青く光っているのは励起状態のラジカルが基底状態に遷移するときのエネルギー放射です3)

ESR4)で検出定量できます

関連講義
協力伊藤智博研究室波形測定5)

動画6)
ピカッとさいえんす電波アンテナ
http://c1.yz.yam…


(1一重項酸素1O2, = 31.9988 g/mol, (化学種).
(2 > 元素111の新知識(目次)
桜井弘編, 元素111の新知識 : 引いて重宝、読んでおもしろい, 講談社, (1997).
(3ミュージ > 科学館( > 電気・ガ > ガスの科学館,電気・ガス・水道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(4実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > ESR(電子スピン共鳴)の実際,機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(5四丁目サ > 音でまわ > 協力:伊藤智博研究室/波形測定,音でまわそう秋コプター~圧電セラミックスと超音波モーター~
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2006).
(6ピカッと > 電波とアンテナ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).

卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004)
ユーザー)

ESR活性酸素ついての入門講座である電子スピンサイエンス学会(SEST) ESR入門セミナー1),回ESR入門セミナー2)開催されます


参考書籍…山形大学附属図書館
(1) Halliwell,, フリーラジカル生体, , (2019/06/19 20:30:06).
(2) Halliwell,, フリーラジカル生体, , (2019/06/19 20:30:06).
(3) Halliwell,, フリーラジカル生体, , (2019/06/19 20:30:06).
(6) J.I.G.Cadogan著/大槻哲夫訳, フリーラジカル化学の基礎, 丸善, (1981.6).
(7) J.I.G.Cadogan著/大槻哲夫訳, フリーラジカル化学の基礎, 丸善, (1981.6).
(8) J.I.G.Cadogan著/大槻哲夫訳, フリーラジカル化学の基礎, 丸善, (1981.6).
(9) J.I.G.Cadogan著/大槻哲夫訳, フリーラジカル化学の基礎, 丸善, (1981.6).
(10) J.I.G.Cadogan著/大槻哲夫訳, フリーラジカル化学の基礎, 丸善, (1981.6).
(11) J.I.G.Cadogan著/大槻哲夫訳, フリーラジカル化学の基礎, 丸善, (1981.6).
(12) J.I.G.Cadogan著/大槻哲夫訳, フリーラジカル化学の基礎, 丸善, (1981.6).
(13) G.ヘルツベルグ著/奥田典夫訳, 分子スペクトル入門 : フリーラジカルのスペクトルと構造, 培風館, (1975.5).
(14) G.ヘルツベルグ著/奥田典夫訳, 分子スペクトル入門 : フリーラジカルのスペクトルと構造, 培風館, (1975.5).
(15) G.ヘルツベルグ著/奥田典夫訳, 分子スペクトル入門 : フリーラジカルのスペクトルと構造, 培風館, (1975.5).
(16) 吉川敏一著, フリーラジカル入門, 先端医学社, (1996.1-1998.8).
(18) 東郷秀雄著, 有機フリーラジカルの化学, 講談社, (2001.2).
(19) 東郷秀雄著, 有機フリーラジカルの化学, 講談社, (2001.2).
(20) 広田栄治編, フリーラジカルの科学, 学会出版センター, (1998.2).
(21) 広田栄治編, フリーラジカルの科学, 学会出版センター, (1998.2).
(22) 二木鋭雄, 島崎弘幸, 美濃真編集, 抗酸化物質 : フリーラジカルと生体防御, 学会出版センター, (1994.6).
(23) 吉川敏一[ほか]責任編集, フリーラジカルと疾病予防, 建帛社, (1997.4).
(24) 吉川敏一著/講談社サイエンティフィク編集, フリーラジカルの科学, 講談社, (1997.5).
(25) 吉川敏一著/講談社サイエンティフィク編集, フリーラジカルの科学, 講談社, (1997.5).
(26) 吉川敏一著/講談社サイエンティフィク編集, フリーラジカルの科学, 講談社, (1997.5).
(27) B.Halliwell, J.M.C.Gutteridge著/松尾光芳[ほか]訳, フリーラジカルと生体, 学会出版センター, (1988.6).
(28) William A.Pryor著/湊宏訳, フリーラジカルの化学, 東京化学同人, (1968.11).
(29) William A.Pryor著/湊宏訳, フリーラジカルの化学, 東京化学同人, (1968.11).
(30) 井本稔著, 有機反応序説フリーラジカル, 化学同人, (1976.4).
(31) 井本稔著, 有機反応序説フリーラジカル, 化学同人, (1976.4).
(32) 井本稔著, 有機反応序説フリーラジカル, 化学同人, (1976.4).
メニュー
シラバス/検索/フリーラ…
講義内容/検索/フリーラ…
講義ノート/検索/フリーラ…
研究ノート/検索/フリーラ…
ファイル/検索/フリーラ…
研究テーマ/検索/フリーラ…
論文/検索/フリーラ…
書籍名/検索/フリーラ…
雑誌名/検索/フリーラ…
材料名/検索/フリーラ…
>ウィキペディア/フリーラ…
エンジニア/検索/フリーラ…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧