鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 活性酸素


項目
ID⇒#2867
キーワード活性酸素
ソース情報
品詞
内容
酸素1)フリーラジカルすなわちスーパーオキシドアニオン2)ヒドロキシルラジカル3)過酸化水素4)一重項酸素5)のこと反応途中にできる酸素分子片割れみたいなものコン女のあぶれてヤケなっている緒でそこらじゅうの化合物に手出して酸化してしまいます油脂酸化されやすいので油脂の豊富なピーナや胡桃などは抗酸化持つポリフェノール含む薄皮で覆われていますポリフェノールはじめとする活性酸素消す物質抗酸化物質という

酸素呼吸に不可欠ですが部は活性酸素となり生体内での老化や炎症の原因になると考えられています6)

活性酸素の中にはスピントラップ法用いることによって安定なラジカルスピンアダクト生成生成したスピンアダクトESR法によって観測することができる7)8)9)

(1酸素O2, = 31.9988 g/mol, (化学種).
(2スーパーオキシドアニオンSuper Oxide AnionO2-, = 31.9988 g/mol, (化学種).
(3ヒドロキシルラジカルHydroxyl radicalHO・, = 17.00734 g/mol, (化学種).
(4過酸化水素Hydrogen peroxideH2O2, = 34.01468 g/mol, (化学種).
(5一重項酸素1O2, = 31.9988 g/mol, (化学種).
(6 > 元素111の新知識(目次)
桜井弘編, 元素111の新知識 : 引いて重宝、読んでおもしろい, 講談社, (1997).
(7 > スピントラップ法
山内 淳, 磁気共鳴-ESR -電子スピンの分光学-, サイエンス社, (2006).
(8The role of the DMPO-hydrated electron spin adduct in DMPO-.OH spin trapping
, ,0,1(2006).
(9Influence of Conformation on the EPR Spectrum of 5,5-Dimethyl-1-hydroperoxy-1-pyrrolidinyloxyl: A Spin Trapped Adduct of Superoxide
, ,0,1(2006).

生物無機化学
ユーザー)

ESR活性酸素ついての入門講座である電子スピンサイエンス学会(SEST) ESR入門セミナー1),回ESR入門セミナー2)開催されます


参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 荻田善一, 活性酸素, , (2017/10/23 13:19:31).
(2) 荻田善一, 活性酸素, , (2017/10/23 13:19:31).
(3) 荻田善一, 活性酸素, , (2017/10/23 13:19:31).
(4) 中野稔, 活性酸素, , (2017/10/23 13:19:31).
(5) 井上正康編著, 活性酸素と病態 : 疾患モデルからベッドサイドへ, 学会出版センター, (1992.10).
(6) 生命・フリーラジカル・環境研究会編, 水と活性酸素, オーム社, (2002.5).
(7) 佐藤道比古研究代表者, 活性酸素スカベンジャーとしてのヘムオキシゲナーゼの役割, [佐藤道比古], (1993.3).
(8) 大柳善彦, 井上正康著, 活性酸素と老化制御 : 多細胞社会の崩壊と長寿へのシナリオ, 共立出版, (2001.3).
(9) 中野稔, 浅田浩二, 大柳善彦編, 活性酸素 : 生物での生成・消去・作用の分子機構, 共立出版, (1988.12).
(10) 日本化学会編, 活性酸素種の化学, 学会出版センター, (1990.4).
(11) 高柳輝夫, 大坂武男編/大坂武男 [ほか] 共著, 活性酸素, 丸善, (1999.8).
(12) 大野秀樹, 跡見順子, 伏木亨編, 活性酸素と運動, 杏林書院, (1998.10).
(13) 永田親義著, 活性酸素の話 : 病気や老化とどうかかわるか, 講談社, (1996.9).
(14) 永田親義著, 活性酸素の話 : 病気や老化とどうかかわるか, 講談社, (1996.9).
(15) 荻田善一,大浦彦吉編, 活性酸素 : その臨床医学への応用, 共立出版, (1987.10).
(16) 井上正康編著, 活性酸素と運動 : しなやかな健康と長寿を求めて, 共立出版, (1999.5).
(17) 中野稔〔ほか〕編, 活性酸素 : 生物での生成・消去・作用の分子機構, 共立出版, (1989.8).
(19) 浅田浩二, 中野稔, 柿沼カツ子編, 活性酸素測定マニュアル, 講談社, (1992.5).
(23) Helmut Sies編/真鍋雅信,内海耕慥監訳, 酸素ストレス : 活性酸素障害と疾病, 真興交易(株)医書出版部, (1996.11).
(24) 水上茂樹, 五十嵐脩責任編集, 活性酸素と栄養, 光生館, (1995.5).
(25) 二木鋭雄, 島崎弘幸 編集, 活性酸素 : 化学・生物学・医学, 医歯薬出版, (1987.7).
(26) 二木鋭雄, 島崎弘幸 編集, 活性酸素 : 化学・生物学・医学, 医歯薬出版, (1987.7).
(27) 黒沼真紀子 著, 生体内に生ずる活性酸素種とラジカル捕捉剤の反応, 山形大学, (1999.9).
(29) 水上茂樹,五十嵐脩責任編集, 活性酸素と栄養, 光生館, (1995.5).
(31) , 活性酸素実験プロトコール, , (2017/10/23 13:19:31).
メニュー
シラバス/検索/活性酸素…
講義内容/検索/活性酸素…
講義ノート/検索/活性酸素…
研究ノート/検索/活性酸素…
ファイル/検索/活性酸素…
研究テーマ/検索/活性酸素…
論文/検索/活性酸素…
書籍名/検索/活性酸素…
雑誌名/検索/活性酸素…
材料名/検索/活性酸素…
>ウィキペディア/活性酸素…
エンジニア/検索/活性酸素…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧