鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【会議】 第3回ESR入門セミナー
一覧戻る進む·講演テーマ·電子国土·Google·地図 | 出張旅費申請
リンク
参加申し込み状況
電子スピンサイエンス学会
教科書:電子スピン・・・
ID⇒#59@会議;
要約【会議】第3回ESR入門セミナー⇒#59@会議;
イベント名第3回ESR入門セミナー
サブタイトル
開催住所 
開催場所東レ総合研修センター
開催日時2007/05/18 13:45:002007/05/20 12:00:00
シラバスセミナー
関係者伊藤 智博
関係グループ第2、3回ESR入門セミナー世話人会
ホームページhttp://wwwso…
講演題目

?

講演…
学会発表
学会…
説明
ESR入門セミナー静岡県島市
 18午後時集合19()20正午解散
 総合研修センター 大研修室(静岡県島市末広町219
電話055-980-0333http://www.toray…

加申し込み締め切り200752
会費18000会員29000非会員

注意プログラムついては調整中のため変更なる場合がありますので
ご了承ください

185時間 
(1300 準備開始)

1345 受付
1410 開講式事務連絡など
1430 手老省東北
 ESR基礎と原理1)
1550 休憩
1600 手老省東北
ESRスペクトル解析法の基礎と演習”
 孤立電子スピンESRスペクトル2)3)g値4)5)決定と核スピン相互作用 
1730 -質問の時間
1745 事務連絡

(1800 大研修室閉場)

1800  夕食

1900 研究紹介 会場センター棟多機能室
2100 1日目終了

519

朝食 3030 食堂

(830 大研修室開場)

850 事務連絡
900 尾形健明山形
“液体のESRスペクトル解析法”
  スピントラップ法6)スピンプローブ法7)スピンラベル 
1020 休憩
1040 尾形健明山形
ESR画像法8)から生体計測への応用”
1200 -質問の時間
12101300 昼食休憩

1300 太田仁神戸大
“固体のESRスペクトル解析法”
  固体試料ESR測定から高分解能ESR 
1430 休憩

1440 中村敏和分子
“ESRスペクトル解析電子スピン系から多電子スピン系へ9)
 線形運動超微細構造電子スピン間相互作用10)緩和時間関係 
1610 -質問-
1620 休憩

1630 中村敏和分子
ESR実際とESR装置11)
1730 -質問
1745 事務連絡
1800 食堂へ移動
夕食後
1900 研究紹介  場所大研修室
2100 事務連絡2日目終了


(2100 大研修室閉場)

204時間

朝食 00 食堂


(8:30大研修室開場)
900 事務連絡
910 キーコム株式会社
ESR実践
    
1145 閉講式
1200 解散

 関連キーード 
活性酸素フリーラジカル電子スピン共鳴ESREPRスピントラップ法スピンプローブ法不対電子ラジカルゼーマン効果ポリフェノールESR画像法MRI

教科書電子スピンサイエンススピンテクノロジー入門12)
記録ESR入門セミナー13)

研究γ線照射した水晶のESRスペクトル???14)
研究低周波ESR法のためのマーカー開発15)
測定ZnOとTEMPOL水溶液生理食塩水16)

ファイバーツリー総合研修センター17)
回SEST入門セミナー ダイジェスト写真.pdf18)


(1ESRの原理
大矢博昭, 山内淳著, 電子スピン共鳴 : 素材のミクロキャラクタリゼーション, 講談社, (1989).
(2磁気モーメントの運動
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, (2003).
(3共鳴条件-孤立電子の場合
大矢博昭, 山内淳著, 電子スピン共鳴 : 素材のミクロキャラクタリゼーション, 講談社, (1989).
(4g値
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, (2003).
(5g値の決定
大矢博昭, 山内淳著, 電子スピン共鳴 : 素材のミクロキャラクタリゼーション, 講談社, (1989).
(6ニトロン化合物、PBN、DMPO,DEPMPO
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, (2003).
(7生体計測ESR/スピンプローブ法
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, (2003).
(8ESR画像化
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, (2003).
(9ESRから得られるパラメ
大矢博昭, 山内淳著, 電子スピン共鳴 : 素材のミクロキャラクタリゼーション, 講談社, (1989).
(10核スピンとの相互作用による超微細構造
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, (2003).
(11ESR装置の構成
大矢博昭, 山内淳著, 電子スピン共鳴 : 素材のミクロキャラクタリゼーション, 講談社, (1989).
(12電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門
電子スピンサイエンス学会 監修, 日本学会事務センター, (2003/11/30).
(13第2回ESR入門セミナー
伊藤智博, 研究ノート, (2006).
(14γ線を照射した水晶のESRスペクトルは???
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(15低周波ESR法のためのマーカーの開発 慣
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(16ZnOとTEMPOL水溶液(生理食塩水)グラフ.
(17光ファイバーツリー@東レ総合研修センター
伊藤智博, 研究ノート, (2007).
(18第3回SEST入門セミナー ダイジェスト写真.pdfファイル.