鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【研究ノート】 議事録

一覧戻る進む
研究ノート-議事録@329-議事録

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

ID⇒#329@研究ノート;
要約【研究ノート】議事録⇒#329@研究ノート;
日時記録=2005/11/7, 修正=2005/12/28
研究者立花 和宏
リンク関連外部URL=http://c1.yz.yam…, 学認共有URL=講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
内容議事録
2005年 11月7日(月)

案件:蓄電性ゴムの開発の打ち合わせ
打ち合わせ日時 2005年 11月7日(月) 15時00分
(於)山形大学 9号館 9-400-4 仁科研究室
打ち合わせ主旨:現在までの結果と今後の方向性


現在までの結果
正極(サンプル数49)
・膨潤性のある支持体ゴムを使用することにより、容量の増加がみられる。ACMを使用すると理論容量の95%を確保。
・サイクル特性の向上。膨潤性のある合成ゴムを使用するため、集電体と正極合材の薄利が懸念される。ACMを使用し、現在10サイクル評価。10サイクル後で放電容量維持率98%を確保。
・レート特性はACMを使用すると0.1C。

負極(サンプル数1)
・支持体ゴムにEPDMを使用し、活物質にグラファイト(ks-15)導電助材にKBを混練したサンプルの評価。負極として機能せず。

EDLC(サンプル数2)
・支持体ゴム(EPDM)においてはEDLCとして機能せず、支持体ゴム(H-NBR)を使用すると機能した。
今後の方向性
正極
〇レート特性の向上とサイクル特性の向上。
方法
・支持体ゴムの最適化。ゴムの種類(ACM、H-NBR)を使用。H-NBRについてはニトリル添加量の変種。
・活物質、導電材料の最適化。EPDMについては導電助材における容量変化はみられないが、ACM、H-NBRについては検討の必要性あり。
・ゴム糊の使用の有無。膨潤性のないゴム糊を使用することにより集電体と合材の薄利を抑制できるかどうか。

負極
負極として機能させる。
方法
・支持体ゴムの最適化。H-NBR、ACMの使用。
・グラファイトにPVdFを分散し、3本ロールを使用し、予めSEI膜を生成させたグラファイトを作製。その後フコクへグラファイトを提供し、ゴム負極の作製を行う。

セパレーター
〇セパレーター用ゴムの選抜。
方法
・膨潤性のゴムを使用??

EDLC
〇保留

全体の流れとしては負極を重視。並行して正極のレート特性の向上とサイクル特性の評価とそれに伴う改善。その後セパレーターの使用。ゴムのみの電池を組み上げることを最終目標とする。
研究ノート
【学会】ARS
2005年11月
【学会】第22回ARS津軽コンファレンス@青森県青森市
PF6とBF4の比較(アルミニウムの不働態化)
PF6とBF4の比較2
PF6とBF4の比較(電池サイクル)
議事録
【科研費】
水族館
ネットリソース
【講師のお願い】―無機工業化学Ⅱ水口先生へ
【工場見学】JCC見学@長野県岡谷市
【工場見学】東洋アルミ―大阪八尾市
大阪八尾市
【学会】第46回電池討論会@愛知県名古屋市
【イベント】名古屋モーターショー
研究ノート…
試料…
試料使用履歴…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
HyperLink