鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

ZnOとラットを一緒にいれたときのESRスペクトル 一覧戻る進む
図. ZnOとラットを一緒にいれたときのESRスペクトル

項目
ID⇒#14@グラフ;
要約【グラフ】図にZnOとラットを一緒にいれたときのESRスペクトルのESRチャート⇒#18@プロット;を示す。ここで、横軸は磁束密度⇒#40@物理量;であり、縦軸は吸収率⇒#238@物理量;である。この図より低周波ESR法によるZnOの有効性は既に明らかである⇒#16009@業績;.この実験ではそのマーカーとラットを一緒に測定した。 測定装置: Lバンド電子スピン共鳴画像装置⇒#150@装置;…であることがわかる⇒#14@グラフ;。
名前ZnOとラットを一緒にいれたときのESRスペクトル
試料(サンプル)酸化亜鉛(マーカー用)
プロットタイプESRチャート
X軸磁束密度/ミリテスラ(21 ~ 26)5
Y軸強度/(無次元)(10000 ~ 20000)10000
 
低周波ESR法のためのマーカーの開発 慣
 
説明
低周波ESR法によるZnOの有効性は既に明らかである1).この実験ではそのマーカー緒に測定した
測定装置 バンド電子スピン共鳴画像装置2)
(1ZnO Marker for a Radio Frequency ESR Spectrometer
T. Ito, M. Sugawara, T. Ogata, Chem. Lett., 928-929 , (2001).
(2Lバンド電子スピン共鳴画像装置測定装置.
数値
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧