鷹山 (C)1996-2021 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?

【測定装置】 超伝導フーリエ変換核磁気共鳴装置
一覧戻る進む·印刷
超伝導フーリエ変換核磁気共鳴装置
ID⇒#47@測定装置;
要約【測定装置】20130419検討中には、超伝導フーリエ変換核磁気共鳴装置(NMR UNITY INOVA 500S,)を用いた⇒#47@測定装置;。
製品名称
製品群汎用品 > 科学機器 > 分析機器
商標
備品名称超伝導フーリエ変換核磁気共鳴装置
メーカー
サプライヤー
用途20130419検討中
特徴20130419検討中
説明書の場所
説明書のディレクトリpdfファイルの場所
設置場所の階層(未登録 > (未登録)
装置の設置場所(未登録)
規格・型番NMR UNITY INOVA 500S
備品番号
価格
管理者(正)管理者
管理者(副)
使用者
管理表作成者
注意事項
リンク...
所属山形大学 > 工学部 > 物質化学 > 機能分子化学講座
管理職員泉 多恵子
-泉 多恵子...
シラバスマニュアル
講義ノート > 実験・測定の安全指針
取得年月日未登録
説明引用
平成12
平成12
超電導磁石分光データ処理装置より構成されている
 11.7テスラ以上
個体測定システム反応追跡補助装置として200MHzの超伝導NMR装置付属
主として有機分子の構造決定に利用核種としてはH13C31P他ピークの大きさ利用した反応追跡
 にも利用できる
重水素化溶媒あるいは重水に溶解する必要がある
   工学部
学科 物質化学工学
   泉多惠子
    3125
e-mail tizumi@yz.yamagata-u.ac.jp
トレーニング受けた教職員ドクターの学生マスター部の学生有機使用可能
 
分析する機器製品
NMRESREPRSEMESCAなどの化学分析ための科学機器#2006古典的化学分析では物質物質反応させて物質分離することで情報得ることが多いのですが機器分析では物質エネルギー加えて情報分離する装置多く見られます高度化しすぎてマニュアル読むのとメンテナンス大変ですコンピュータ付属するものが多くすぐに老朽化してしまいますMRIやX線CTなど病院などでも病気見つけるのに活躍しますナレッジ