鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?

【キーワード】 TEMPOL


項目
ID⇒#5050
キーワードTEMPOL
ソース情報
品詞
内容
ユーザー)

フリーラジカル活性酸素研究に用いられる試薬である1)2)3)
正式名称は4-ヒドロキシ-2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシル4)である
ニトロキシルラジカルつであり超微細構造有している
電子スピン共鳴ESR装置5)6)によって観測した場合本線のESR信号が観測される
には可溶性である

X-バンドESR装置使用したTEMPOL溶液ESRスペクトル7)
L-バンドESR装置によるTEMPOL溶液ESRスペクトル8)9)

関連書籍TEMPOLのg値10)
関連書籍TEMPOLの化学構造式11)


(1In vivo ESR/スピンプローブ法による酸化還元状能計測― ラットへのオゾンの影響 ―
栗山 正俊, 卒業論文, (2005).
(2In vivo ESR/スピンプローブ法による酸化還元状態計測-ラットに及ぼすアロマセラピーの影響-
中村 志保, 卒業論文, (2005).
(3ESR法による煙の酸化還元能の計測
菊池崇生, 卒業論文, (2006).
(44-ヒドロキシ-2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシル4-hydroxy-2,2,6,6-tetramethylpiperidine-1-oxylC9H18NO2, = 172.24742 g/mol, (化学種).
(5XバンドESR装置
,JEOL FR-30,,(,).
(6Lバンド電子スピン共鳴画像装置
,自作,,(,).
(7X-バンドESR装置を使用したTEMPOL水溶液のESRスペクトルグラフ.
(8L-バンドESR装置によるTEMPOL水溶液のESRスペクトルグラフ.
(9低周波ESR法によるTEMPOLと酸化亜鉛を一緒に測定したときのESRスペクトルグラフ.
(10 > TEMPOLのg値
山内 淳, 磁気共鳴-ESR -電子スピンの分光学-, サイエンス社, (2006).
(11 > TEMPOLの化学構造式
山内 淳, 磁気共鳴-ESR -電子スピンの分光学-, サイエンス社, (2006).

4-ヒドロキシ-2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシル1)こと


参考書籍…山形大学附属図書館
メニュー
シラバス/検索/TEMP…
講義内容/検索/TEMP…
講義ノート/検索/TEMP…
研究ノート/検索/TEMP…
ファイル/検索/TEMP…
研究テーマ/検索/TEMP…
論文/検索/TEMP…
書籍名/検索/TEMP…
雑誌名/検索/TEMP…
材料名/検索/TEMP…
>ウィキペディア/TEMP…
エンジニア/検索/TEMP…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧