鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【研究ノート】 山形大学のeduroamシステムの概要

一覧戻る進む
研究ノート-山形大学のeduroamシステム@1190-山形大学のeduroamシステムの概要

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

ID⇒#1190@研究ノート;
要約【研究ノート】山形大学のeduroamシステムの概要⇒#1190@研究ノート;
日時記録=2009/3/1, 修正=2009/11/15
研究者伊藤 智博
リンク関連外部URL=https://upki.yam…, 学認共有URL=講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
内容山形大学eduroamシステム概要

1. 認証トークン新規に構築するRadius プロキシ経由してADIASで認証する
2. PEAP およびTTLSのSSLションRadius プロキシで完結(SSL証明書の管理コスト削減のため)
3. 無線APは
ESSID: eduroam
暗号 WPA-AES またはWPA2-AES
認証 EAP-PEAP またはEAP-TTLSMS-CHAPv2
とする
4. IPv6無線LAN運用試験系
802.1x認証なのでWeb認証などが不要
5. eduroam接続時の学外接続回線は商用ISP経由することにより外部機関利用者の山形大学の契約電子ジャーナルなどの利用不可としかつ外部機関利用者の利便性確保する山形大学利用者はeduroam専用VPN接続で電子ジャーナル閲覧可能にする
6. VPNオンリー加機関でのーク利用可能にするため電子ジャーナルVPN経由による利用に関する情報出版社に調査し解決検討
7.クライアントPCに配布するIPアドレスプライベートIP(IPv4)およびグローバルスコープアドレスIPv6自動配布する

関連資料
実証実験大学無線LANローミングプロジェクトeduroam運用試験1)
サイバーキャンパス鷹山,山形大学eduroam使い方2)

研究ノート
山形大学のeduroamシステムの概要
FTPサーバシステム
Shibboleth IdP, SPのUPKI-Fed.Schemaへの対応
UPKI-eduPersonTargetedIDの設定
UPKI用Shibboleth IdPの構築記録(OS環境の設定 No.1)
UPKI用Shibboleth IdPの構築記録(OS環境の設定 No.2)
UPKI(学認)用Shibboleth IdPでGoogle Apps SSOを利用する方法
Shibboleth IdP 2.1.2へのバージョンアップの検証
Dynamic VLAN 属性
学術認証フェデレーションに対応するためのメタデータの更新作業
差分-Shibboleth IdP (2.0.0 - 2.1.2; StoredID)
Shibboleth IdP 2.1.3へのバージョンアップ
eduroam利用可能エリア-ルポ(国際高等セミナーハウス)
UPKI用Shibboleth IdPの構築記録(OS環境の設定 No.3)
【エラー解説】Shibboleth IdP 2.1.3 (tomcat関係-1)
【エラー解説】Shibboleth IdP 2.1.3  (tomcat関係-2)
研究ノート…
試料…
試料使用履歴…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
HyperLink