鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?

【研究ノート】 原稿:科学と技術 目まぐるしく変化を続けた日本の稲作とIoT技術による農作業の低減

一覧戻る進む
研究ノート-原稿:科学と技術 目まぐるしく変@2482-原稿:科学と技術 目まぐるしく変化を続けた日本の稲作とIoT技術による農作業の低減

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

ID⇒#2482@研究ノート;
要約【研究ノート】原稿:科学と技術 目まぐるしく変化を続けた日本の稲作とIoT技術による農作業の低減⇒#2482@研究ノート;
日時記録=2016/11/30, 修正=3/17
研究者
リンク関連外部URL=http://www.union…, 学認共有URL=講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
内容

日本においての稲作縄文時代にはじまり墾田永年私財法経て現代に受け継がれている1800年代から始まった富国強兵によって次産業が発達するに従って次産業や農業は衰退してきている戦後の食糧難から脱却するための開墾米が余ると減反政策導入自主流通米による米価の調整米の自由化などと農業現場は目まぐるしい変化にさらされている特に農業収入は高卒の初任給に換算すると1975年に比べて2015年では約3分の1まで減少している日本農業政策も2018年の減反政策および転作補助金も終了もってつの終着点迎えるしかしながら農業が衰退することは水資源の減少や将来の食糧自給率の低下意味国力低下否めないこの問題に解決するためにIoT技術活用した室内水耕栽培装置やリモート監視穀物乾燥機の開発試みたLED光源下の室内水耕栽培では苗および出穂まで稲が成長したリモート監視穀物乾燥機においてはキノマクリエイト温度センサー使用して排気温度測ることでインターネ経由して乾燥機の緊急停止監視し農作業の軽減図った

研究ノート
【学会】スピンサイエンス学会@大阪府
2016年11月
沼田城@群馬県
【学会】第57回電池討論会@千葉
原稿:科学と技術 子どもたちの目の輝きに魅せられて―理科実験教室で出会った君たちへ―
原稿:科学と技術 目まぐるしく変化を続けた日本の稲作とIoT技術による農作業の低減
2016年12月
喜多方ラーメン@福島県喜多方市
2017年1月
【原稿】バッテリーマネジメントのためのインピーダンス測定
2017年2月
キャンパス内で遭難!出動!!!
卒業研究発表会
NefryでHTTPリクエスト(GET)を実装
【学会】表面技術協会@埼玉県川越市
特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)サービス停止と再開
研究ノート…
試料…
試料使用履歴…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
HyperLink