鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【研究ノート】 図 3 11に二オブ,タンタル,

一覧戻る進む
研究ノート-図 3 11に二オブ,タンタル,@358-図 3 11に二オブ,タンタル,

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

ID⇒#358@研究ノート;
要約【研究ノート】図 3 11に二オブ,タンタル,⇒#358@研究ノート;
日時記録=2006/2/1, 修正=2007/3/8
研究者立花 和宏
リンク関連外部URL=http://c1.yz.yam…, 学認共有URL=講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
内容 3 11ニオブ1),タンタル,アルミニウム10Vアノード酸化皮膜上に炭素微粒子粉末被覆したEDLCモデル電極サイクリックボルタモグラム示す0.5V時の二オブEDLCモデル電極アノード電流0.74mA,カソード電流0.76mAタンタル EDLCモデル電極アノード電流0.038mA,カソード電流0.050mAAl EDLCモデル電極アノード電流0.83mA,カソード電流0.96mAとなっている各電極ともアノード電流及びカソード電流可逆的に測定できたので炭素微粒子粉末と電解液との間の電気重層に充放電している電流が測定されたと考えられEDLCモデル電極して動作していると考えられるすなわち10Vアノード酸化皮膜炭素微粒子粉末との間に電子電流が流れたことが明らかとなったこのことはバルブメタルアノード酸化皮膜表面欠陥存在し炭素微粒子粉末と接触することで表面欠陥が顕在化することによって表面欠陥と炭素の間の接触界面に導電性が付与されたと考えられる
(1ニオブ, (材料).
研究ノート
画面サイズの規格
2006年2月
心当たり、あります。Bluetoothがくるかこ
tblEmployee_1999ベースのクラス仕
遅くなりましたが、Bコースの応用
1.2.4 無機半導体を陰極とす
図 3 11に二オブ,タンタル,
サイエンス・パートナーシップ・プログラム(SSP
【DF】【見学】ブリヂストン工場見学@東京都小平市
デジタルペンの実用化実証試験
わたなべ たけし ------
修士 C2上條 C2張 C
公聴会―生体センシング
物質化学工学科
研究ノート…
試料…
試料使用履歴…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
HyperLink