鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?

【研究ノート】 バインダーの種類を変えた実験

一覧戻る進む
研究ノート-バインダーの種類を変えた実験@64-バインダーの種類を変えた実験

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

ID⇒#64@研究ノート;
要約【研究ノート】バインダーの種類を変えた実験⇒#64@研究ノート;
日時記録=2004/9/9, 修正=2006/9/4
研究者立花 和宏
リンク関連外部URL=http://c1.yz.yam…, 学認共有URL=講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
内容バインダー種類変えた実験
サイクリックボルタモグラムで確認したところPVDXともにアルミニウム不働態化進行するのに対してラテックス系は大丈夫
電池討論会で発表するぞ

キトサン誘導体系バインダどうかなあ?

さとる1)45電池討論会-京都2)で発表
舘謙太3)少しやったあと小原大佑4)阿部智幸5)フォロー

実験方法6)
バインダ7)

般的な理系の学術論文の本文原稿作成では緒言実験結果考察結論文献なります



(1リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
田中 智, 卒業論文, (2005).
(2第45回電池討論会@京都府
立花和宏, 研究ノート, (2004).
(3デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
舘謙太, 卒業論文, (2006).
(4リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダの塗布条件と乾燥温度
○小原大佑,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(5リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(6実験方法
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(7バインダ
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
研究ノート
2004年9月
全点検レポート 報告者:立花和宏 報告日
日本化学会東北大会のリハーサル 学会発表リ
バインダーの種類を変えた実験
ニオブの耐食性について。過塩素酸リチウムでは水分
【工場見学】東芝セラミックス
【学会】平成16年度化学系9学協会連合東北地方大会@岩手県盛岡市
【見学】岩手県立美術館@岩手県盛岡市
【工場見学】宇部興産/秋吉台@山口県宇部市
中原中也記念館@山口県山口市
臨済宗常栄寺@山口県山口市
【工場見学】フコク工場見学
【工場見学】山形県理化学分析センター
【収録】NCV-8月にやりました
【工場見学】東栄コンクリート工業@山形県山形市
【寄稿】サイバーキャンパス
研究ノート…
リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
導電性バインダーの電池への応用
デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
試料…
試料使用履歴…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
HyperLink