鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【出版物】 Total Polyphenol Content and Antioxidant Capacity of Commerciall…
文献
文献調査履歴
業績
書籍レビュー
● 特許電子図書館
文献(新)
文献(古)
文献(改)
講義ノート
シラバス
● MS Academic
● 論文relation
● J-GLOBAL
● CiNii/検索

項目
ID⇒#1622@出版物;
要約【出版物】CLAUDIA ANESらは2008年にTotal Polyphenol Content and Antioxidant Capacity of Commercially Available Tea (Camellia sinensis) in ArgentinaについてCLAUDIAらは,フェノール試薬(フォーリン-チオカルト試薬)は,10%(v/v)を,炭酸ナトリウムは,7.5%(w/v)を使用したと述べている. 分析手法は,フォーリン-チオカルト法であと述べており、フェノール試薬の百分率は、10パーセントであると述べている⇒#1622@出版物;。
メソッド一覧戻る進む·J-GLOBAL·CiNii/検索
タイトルTotal Polyphenol Content and Antioxidant Capacity of Commercially Available Tea (Camellia sinensis) in Argentina
Title
代替書誌情報j. agri. food chem.
著者名CLAUDIA ANESINI,  GRACIELA E. FERRARO,  AND ROSANA FILIP
雑誌名j. agri. food chem.
Journalauther, jounarl, vo., pp.(yyyy)
巻、号、ページ56,0,9225~0
出版年2008
URL
研究グループC1磁気共鳴計測グループ
レビューアYZDN\tomohiro/伊藤 智博
書誌情報Total Polyphenol Content and Antioxidant Capacity of Commercially Available Tea (Camellia sinensis) in Argentina
CLAUDIA ANESINI, GRACIELA E. FERRARO, AND ROSANA FILIP, j. agri. food chem.,56,9225(2008).
書誌情報(日本語)Total Polyphenol Content and Antioxidant Capacity of Commercially Available Tea (Camellia sinensis) in Argentina
CLAUDIA ANESINI, GRACIELA E. FERRARO, AND ROSANA FILIP, j. agri. food chem.,56,9225(2008).
書誌情報(英語)
, auther, jounarl, vo., pp.(yyyy),56,9225(2008).
材料フェノール試薬
物理量百分率
単位パーセント
数値10 %
説明
CLAUDIAらはフェノール試薬フォーリン-チオカルト試薬10%(v/v)炭酸ナトリウム7.5%(w/v)使用したと述べている
分析手法フォーリン-チオカルト法ある

抽出操作下記のようにやったと述べてある

1.ポリフェノールの抽出には0.200±0.001g試験管に入れた
2.70%メタノール水溶液5mL添加し70℃に加温して抽出したと述べている
3.抽出液は200gで10分間遠心分離上澄み液取り出し別の容器に注いだ
4. 23の操作2回行い取り出した上澄み液の量が10mLになるように冷えた70%のメタノール水溶液加えた