鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 溶融炭酸塩中におけるアルミニウム材料の不働態化と皮膜生成機構
一覧戻る進む
ID⇒#187@卒論;
要約【卒論】瀧澤 直子は、2001年に、それまでの研究を溶融炭酸塩中におけるアルミニウム材料の不働態化と皮膜生成機構というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#187@卒論;。
書誌情報溶融炭酸塩中におけるアルミニウム材料の不働態化と皮膜生成機構
瀧澤 直子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2001).
学籍番号・氏名 瀧澤 直子
受理日2001/03/31
関連外部URL
シラバス卒業研究(C1-尾形研究室2003)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > 卒業研究について
研究室仁科研究室
指導教員C1:仁科辰夫・立花和宏
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者立花 和宏
研究場所(未登録 > (未登録)
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
溶融炭酸塩中におけるアルミニウム材料の不働態化と皮膜生成機構

瀧澤 直子らは2000年に秋田で開催された平成12年度化学系7学協連合東北地方大会において溶融炭酸塩中におけるアルミニウム材料の腐食抑制について報告している1)

瀧澤 直子さんはとても明るい性格でみんなからあねごと呼ばれて慕われました板金修理ジョーク飛ばしながら研究室に遊びにやってきてたこ焼きご馳走してくれました山形大学学びその足跡しっかりと残しました20032)逝去

燃料電池3)

2000平成12年度ノート4)
2000年度平成12卒業研究5)

文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…