鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【研究ノート】 【学会】第38回電池討論会@大阪府豊中市

一覧戻る進む
研究ノート-【学会】第38回電池討論会@大阪@72-【学会】第38回電池討論会@大阪府豊中市

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

ID⇒#72@研究ノート;
要約【研究ノート】【学会】第38回電池討論会@大阪府豊中市⇒#72@研究ノート;
日時記録=1997/11/11, 修正=2010/12/15
研究者立花 和宏
リンク関連外部URL=http://c1.yz.yam…, 学認共有URL=講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
内容38電池討論会大阪府豊中市1)

集電体と炭素導電助剤の話しました

○立花和宏らは1997年に大阪豊中で開催された第38電池討論会において電池および電池の充放電時における正極導電助材としての炭素材料の機能について報告している2)

○片倉英至らは1997年に大阪豊中で開催された第38電池討論会において正極に LiMn2O4 用いたリチウム電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-について報告している3)

葉祐毅,…らは1997年に大阪豊中で開催された第38電池討論会において正極に LiMn2O4 用いたリチウム電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-について報告している4)

エネルギーデバイス…は電池キャパシタは正極と負極からなります電子絶縁体として誘電体や電解質が使われます 電池電極集電体活物質導電助材結着材電解液などからなりますことが知られている5)

1997平成年度研究ノート6)
電池討論会7)


高等学校 > 高校地理 > 近畿地方 > 大阪府,近畿地方
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

一次電池および二次電池の充放電時における正極導電助材としての炭素材料の機能
○立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).

正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-
○片倉英至,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).

正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-
○千葉祐毅,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).

緒言(C > 製品調査 > エネルギーデバイス,製品調査
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

◆1997年(平成9)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (1997).

【学会】電池討論会
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

(1高等学校 > 高校地理 > 近畿地方 > 大阪府,近畿地方
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(2一次電池および二次電池の充放電時における正極導電助材としての炭素材料の機能
○立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).
(3正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-
○片倉英至,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).
(4正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-
○千葉祐毅,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).
(5緒言(C > 製品調査 > エネルギーデバイス,製品調査
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(6◆1997年(平成9)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (1997).
(7【学会】電池討論会
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
研究ノート
【学会】第38回電池討論会@大阪府豊中市
1997年12月
【寄稿】ITE
【NCV】新世紀への飛翔
鹿島神宮@茨城県鹿嶋市
1998年2月
【受理】ITE
【講演】アジピン酸アンモニウム水溶液中におけるアルミニウムの陽極酸化
1998年3月
C1_1997年度離散会@福島県飯坂温泉
◆1998(平成10)年度ノート
1998年4月
電気化学会
【科研費】リチウムイオン脱挿入化合物のミクロ構造制御と単一粒子レベルの電池特性評価
1998年5月
1998年6月
研究ノート…
試料…
試料使用履歴…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
HyperLink