鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?

Mn マーカー バックグラウンド 2007/05/31調整 ESRスペクトル 3本目~4本目 一覧戻る進む
図. Mn マーカー バックグラウンド 2007/05/31調整 ESRスペクトル 3本目~4本目

項目
ID⇒#63@グラフ;
要約【グラフ】図にMn マーカー バックグラウンド 2007/05/31調整 ESRスペクトル 3本目~4本目のESRチャート⇒#18@プロット;を示す。ここで、横軸は磁束密度⇒#40@物理量;であり、縦軸は吸収率⇒#238@物理量;である。この図よりESR実験装置を調整した。よく使うMnマーカーの3本目から4本目の間を測定した。 念のため、マンガンマーカー⇒#3111@材料;と含めたバックグラウンドを測定した。 g値⇒#319@物…であることがわかる⇒#63@グラフ;。
名前Mn マーカー バックグラウンド 2007/05/31調整 ESRスペクトル 3本目~4本目
研究対象マンガンマーカーのg値
プロットタイプESRチャート
X軸磁束密度/ミリテスラ(331 ~ 341)10
Y軸強度/(無次元)(-1944.3 ~ 1870.83)3815.13
 
 
説明
ESR実験装置調整したよく使うMnマーカー本目から本目の間測定した
念のためマンガンマーカー1)含めたクグラウンド測定した

g値2)GHz~GHz3)4)
g3=2.0337
g4=1.981

超微細結合定数5)A= 8.69 mT


○○ 測定条件 ○○

試料名: マンガンマーカー6)
実験装置: 電子スピン共鳴装置7)
測定日時: 2007/05/31 17:56:30
共鳴周波数8); 9.45433GHz9)
温度10): 25 11)
照射電力12): 4 mW13)
中心磁場14): 336 mT15)
磁場掃引幅16): 5 mT17)
磁場掃引時間18): 480 s19)
磁場変調強度20): 0.05 mT21)
時定数22): 0.1s23)
増幅ゲイン24): 790 -
Mnマーカーダイヤル値: 720 -


(1マンガンマーカー (Mn2+/MgO)Mn2+ Marker, (材料).
(2g g値g factor(無次元), (物理量).
(3ν共鳴周波数Resonant Frequencyヘルツ, (物理量).
(4ギガヘルツGHz周波数, (単位).
(5A超微細結合定数hyperfine coupling constant テスラ, (物理量).
(6マンガンマーカー (Mn2+/MgO)Mn2+ Marker, (材料).
(7電子スピン共鳴装置測定装置.
(8ν共鳴周波数Resonant Frequencyヘルツ, (物理量).
(9ギガヘルツGHz周波数, (単位).
(10T温度tempretureケルビン, (物理量).
(11セルシウス度温度, (単位).
(12P照射電力Powerワット, (物理量).
(13ミリワットmW電力, (単位).
(14Ce中心磁場Center Fieldテスラ, (物理量).
(15ミリテスラmT磁束密度, (単位).
(16磁場掃引幅ミリテスラ, (物理量).
(17ミリテスラmT磁束密度, (単位).
(18Fi磁場掃引時間Field Sweep time, (物理量).
(19s時間, (単位).
(20磁場変調強度ミリテスラ, (物理量).
(21ミリテスラmT磁束密度, (単位).
(22tc時定数Time Constant, (物理量).
(23s時間, (単位).
(24増幅率分率, (物理量).
数値
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧