鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 電解質カチオンと溶存酸素が電気二重層キャパシタ電極の炭素ラジカルに及ぼす影響
一覧戻る進む
ID⇒#425@卒論;
要約【卒論】吉~は、2009年に、それまでの研究を電解質カチオンと溶存酸素が電気二重層キャパシタ電極の炭素ラジカルに及ぼす影響というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#425@卒論;。
書誌情報電解質カチオンと溶存酸素が電気二重層キャパシタ電極の炭素ラジカルに及ぼす影響
吉田真由美, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2009).
学籍番号・氏名 吉田真由美
受理日2009/03/20
関連外部URLhttp://mri.yz.ya…
シラバス卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~)
講義ノート結果と考 > 卒業論文、修士論文、博士論文
研究室尾形研
指導教員
グループC1磁気共鳴計測グループ
管理者伊藤 智博
研究場所(未登録 > 米沢キャ > 2号館 > 2号館 > 電子スピン共鳴装置室
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
卒業論文、修士論文、博士論文
講義ノート
 リサイクル・PRTR
 スラリー・バインダー関係
 博士論文C1
 リチウム電池関係
 - 固体表面双極子モーメントの抑制によるリチウム電池集電体と炭素材料界面の接触抵抗の低減
 - 半導体の簡便迅速評価
 - 正極内部抵抗から見るリチウムイオン二次電池正極材料の最適な組み合わせ
 鉛電池関連
 液晶関連
 腐食とエッチング加工に関する発見
 ニオブ関係
 接着強度
 ゴム
 - 電解液中のポリマー種が鉛電極界面に及ぼす影響
 - ポリマーマトリクスとした電極合材の電池反応機構
 卒業研究について
 - アルミニウム関係
 - 鉛電池
 - リチウム電池(アルニウム)
 - 論文執筆
 - 表の書き方
 - 参考文献の書き方
 - 図の描き方
 - 実験方法の書き方
 - 結果と考察の書き方
その他の講義ノート-卒業論文、修士論文、博士論文
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
本研究ではEDLC電極の炭素ラジカル発生ついてin situ ESR用いて測定し電解質カチオン溶液中の溶存酸素がEDLC電極でのラジカル量に及ぼす電解条件との関係調べること目的とする

○吉田らは2008年に〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1 州大学医学部で開催された第47 回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2008)おいて電気重層キャパシタ電極おける炭素表面ラジカル発生に及ぼす電解質カチオン影響ついて報告している1)

○伊藤智博,…らは2009年に東京農工大学小金井キャンパス(小金井市中町2-24-16)で開催された2009年電気化学秋季大会においてIn situ電子スピン共鳴法による電気重層キャパシタおける炭素表面ラジカル濃度の依存性評価について報告している2)

Tomohiroらは2010年にApplied voltage dependence of carbon radical in electric double layer capacitor measured by in situ ESR spectroscopy and ac cyclic voltammetryについて報告しESRよるEDLC用電解液の劣化解析3) …と述べている4)

関連講義卒業研究-電気化学2004,導電助材|電解液5)

後輩せきね6)いしけん7)

(1電気二重層キャパシタの電極における炭素表面ラジカル発生に及ぼす電解質カチオンの影響
○吉田真由美,小林賢雄,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,第47回電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集, pp.162-163 (2008).
(2In situ電子スピン共鳴法による電気二重層キャパシタにおける炭素表面ラジカル濃度の依存性評価
○伊藤智博,小林賢雄,吉田真由美,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,2009年電気化学秋季大会講演要旨集 (2009).
(3ESRによるEDLC用電解液の劣化解析プロジェクト.
(4Applied voltage dependence of carbon radical in electric double layer capacitor measured by in situ ESR spectroscopy and ac cyclic voltammetry
Tomohiro ITO, Masakastu KOBAYASHI, Mayumi YOSHIDA, Tomohito SEKINE, Kazuhiro TACHIBANA, Tatsuo NISHINA and Tateaki OGATA, Electrochemistry, Vol.78, No.5, in press., (2010).
(5結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|電解液,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6In situ ESR法によるイオン液体を用いたEDLCの評価② -炭素電極のラジカル量と電位依存性の関係-
関根智仁, 卒業論文, (2010).
(7In situ ESR法によるイオン液体を用いたEDLCの評価① -炭素電極のラジカル量から見る経年劣化機構-
石川健太, 卒業論文, (2010).
文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…