鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【研究ノート】 イオン性液体中でのアルミニウムの不働態化について

一覧戻る進む
研究ノート-イオン性液体中でのアルミニウムの@110-イオン性液体中でのアルミニウムの不働態化について

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

ID⇒#110@研究ノート;
要約【研究ノート】イオン性液体中でのアルミニウムの不働態化について⇒#110@研究ノート;
日時記録=2005/2/3, 修正=2006/9/1
研究者立花 和宏
リンク関連外部URL=http://c1.yz.yam…, 学認共有URL=講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
内容イオン性液体1)2)でのアルミニウム不働態化について
BF入ると高電場機構3)バリア皮膜生成します4)
良樹5)らが熊本6)で発表しました
良樹らが表面技術協会第112回講演大会で発表7)

いつも大変お世話になっております
山形大学 仁科立花研究室の田中良樹です
イオン性液体提供していただき誠にありがとうございました

なお
[誤]EMI-BFPC溶液[濃度49M]100
  BMI-BFPC溶液[濃度49M]8)100g
こと了解いたしました
またいただいた各種イオン性液体アルゴン置換したグローブボクス中にて保管
いたします

イオン性液体中でのアノード酸化9)
アルミニウム10)

(1BMI-BF4 (イオン性液体)試料.
(2BMI-TFSI (イオン性液体)試料.
(3リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子, Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680, (2001).
(4バルブメタルの非水電解液中における不働態化と表面欠陥
○立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,田中良樹,木俣光正,楊立,尾形健明, 電気化学会第72回大会, (2005).
(5エネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜の欠陥制御
田中 良樹, 卒業論文, (2006).
(6電気化学会第72回大会@熊本県熊本市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(7表面技術協会第112回講演大会@石川県金沢市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(8BMI-BF4/PC溶液[濃度2.49M]試料.
(9イオン性液体中でのアノード酸化
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(10アルミニウム
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
研究ノート
2005年2月
電気二重層キャパシタについて。接触抵抗は関係ある
皮膜厚みを変えたタンタル、ニオブ、アルミ
鉛蓄電池について。いろいろ入ってきましたねえ。
電気化学グループで使うタンタルです。
イオン性液体中でのアルミニウムの不働態化について
電気化学グループで使う過塩素酸リチウム
デフォルトノート
モバイル機器とシステム。 携帯電話について
古河電池見学@福島県いわき市
古河電池見学@福島県いわき市
郡山市ふれあい科学館@福島県郡山市
2005年3月
【議事】
C1_2004年度離散会@福島県福島市飯坂
【講演】東洋アルミ@大阪府八尾市
研究ノート…
バルブメタルの非水電解液中における不働態化と表面欠陥
ポテンショ/ガルバノスタット
試料…
試料使用履歴…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
HyperLink