鷹山 (C)1996-2018 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【研究ノート】 【学会】平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市

一覧戻る進む
研究ノート-【学会】平成17年度化学系9学協@157-【学会】平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

ID⇒#157@研究ノート;
要約【研究ノート】【学会】平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市⇒#157@研究ノート;
日時記録=2005/9/23, 修正=2008/12/22
研究者立花 和宏
リンク関連外部URL=http://c1.yz.yam…, 学認共有URL=講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
内容平成17年度化学学協会連合東北地方大会宮城県仙台
東北大学1)

立花は9/22の危険物講習会2)から
ホテルレオパレス仙台に宿泊
http://www.leopa…
9/23は仙台市科学館3)も見学しました

13時から

○舘謙太,,デジタルハイ,平成17年度4)

リチウムイオン次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明5)

高等教育機関における化学物質管理システム開発6)
渡邉隼司7)
2005 日本化学 PRTR.ppt8)
2005 日本化学 2.3.doc9)

仁科先生は招待講演されました
燃料電池の最新動向.ppt10)

小原大佑らは2005年に東北大学 川内キャンパス宮城県仙台市青葉区川内開催された平成17年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン次電池正極における炭素/アルミニウム界面接触抵抗低減させるバインダ塗布条件乾燥温度ついて報告している11)


日本化学会は仙台で開催されます

仁科先生の特別講演がありました

化学学協会連合東北地方大会12)
2005年度-平成17年度13)
2005平成17年度ノート14)



危険物講習会
立花和宏, 研究ノート, (2005).

仙台市科学館@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
○舘謙太,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,菅原陸郎, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダの塗布条件と乾燥温度
○小原大佑,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2008).

【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1東北大学学校
.
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/
(2危険物講習会
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(3仙台市科学館@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(4デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
○舘謙太,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,菅原陸郎, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(5リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(6教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(7教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(8?ファイル.
(9?ファイル.
(10?ファイル.
(11リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダの塗布条件と乾燥温度
○小原大佑,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(12【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2008).
(13【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(14◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).
研究ノート
ドメイン
2005年9月
旭化成の特許。 1984年5月28日に、旭
【依頼】
【学会】2005電気化学秋季大会@千葉県千葉市
MANTEN@愛知県名古屋市
【特許】特願2004-05676;ニオブを用いた固体電解コンデンサ
物質管理システム
移動オープンキャンパス
全固体電池
工業製品と特許
危険物講習会@山形県赤湯市
【学会】平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
仙台市科学館@宮城県仙台市
芋煮会@2005
ライブカメラ
研究ノート…
リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダの塗布条件
デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
オリビン型LiFePO4の電極反応機構の解析及びバインダのイオン透過性に関する研究
有機電解液を用いた大容量エネルギーデバイスの体系的分類及び評価のための調査研究
ポリマーマトリクス中の物質移動が電池反応に及ぼす影響
試料…
試料使用履歴…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
HyperLink