鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【研究ノート】 雑誌会2001(ゆきひろ)

一覧戻る進む
研究ノート-雑誌会2001(ゆきひろ)@290-雑誌会2001(ゆきひろ)

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

ID⇒#290@研究ノート;
要約【研究ノート】雑誌会2001(ゆきひろ)⇒#290@研究ノート;
日時記録=2001/7/27, 修正=2006/8/31
研究者立花 和宏
リンク関連外部URL=http://c1.yz.yam…, 学認共有URL=講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
内容雑誌会2001佐藤 幸裕1)

Aluminum Corrosion in Lithium Batteries
An Investigation Using The Electrochemical Quartz Crystal Microbalance
Haseik Yang, Kyungjung Kwon , Thomas M . Devine, and James W. Evans

J. Electrochem. Soc., 147, 4399 2000

C1 佐藤幸裕
緒言
アルミニウムリチウム次電池において正極集電体使用されている卑な金属であるアルミニウム正極で使用できるのは表面上に不働態皮膜生成すためである
LiPF6イオン伝導性が良く電気化学的に安定であるためリチウムイオン電池おいてもっとも使用される電解質であるしかし加水分解してHF生じるなどの問題があるため新規電解質が盛んに研究されている
しかしながらそれらの新規電解質用いてのアルミニウム腐食ついてはあまり研究されてはいないそこでEQCM電気化学水晶マイクロバランス用いて種々の電解質用いたときのアルミニウム腐食挙動について検討した

方法
電解液1M LiN(CF3SO2)2/PC用いた電気化学的測定にはサイクリクボルタンメトリー行った対極及び照極にはリチウム金属用いた質量変化QCM用いて行った電極アルミニウムコーティングしてあるMHzの水晶発振用いたアルミニウム厚さ1μm表面積0.364cm2であった

結果考察

Fig1(a)1M LiN(CF3SO2)2/PC中における掃引速度50
mV/s時のボルタモグラム示すLiに対してV付近で急激に電流が流れはじめカソード掃引時の3.5Vまで流れたこのボルタモグラム形はアルミニウム腐食していること示唆している
Fig1()QCMにより測定したΔM質量変化Al3+溶解仮定して計算したΔQ示すΔMとΔQの曲線が致すればAlは腐食してAl3+して電解液に溶けているはずであるしかしながら致していなかったしたがってAlの溶解が起きていないかもしくはその反応だけではなく複数の反応が起きていると考えられる

雑誌会2)
研究ノート
雑誌会2001(ゆきひろ)
2001年8月
科学の祭典
【論文】たちばな;アルミニウムのアルミニウムの不働態化
2001年9月
【学会】2001年電気化学秋季大会@東京都
【イベント】モバイルキッズケミラボ
芋に@山形県鶴岡市
【学会】平成13年度化学系9学協会連合東北地方大会@山形県鶴岡市
2001年10月
【地域】キッズケミラボふしぎ体験
【学会】第42回電池討論会@神奈川県
2001年12月
2002年2月
2002年3月
有機電解エッチングの報告書提出
研究ノート…
試料…
試料使用履歴…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
HyperLink