鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【学会】 炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#237@学会;
要約【学会】○柳沼雅章,…らは、2008年に大阪府堺市堺区戎島町4-45-1で開催された第49回電池討論会において炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価について報告している⇒#237@学会;。
タイトル炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
講演番号
発表者○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫
会議名第49回電池討論会
場所大阪府堺市堺区戎島町4-45-1
会期2008/11/05
イベント第49回電池討論会
URLhttp://w…
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URL
管理者立花 和宏
研究グループ仁科・立花研究室(旧応用化学C1講座)
研究テーマサイクリックボルタンメトリーによるバインダを塗布した集電体の分極挙動
PME形式○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価,第49回電池討論会,大阪府堺市堺区戎島町4-45-1, ,2008/11/05
書誌情報炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (2008).

炭素導電助材含む電極におけるパーコレーション現象用いたバインダの評価

炭素導電助材含む電極におけるパーコレーション現象用いたバインダの評価
山形大学院理工○柳沼雅章立花和宏遠藤孝志仁科辰夫

やぎぬまは2010年にそれまでの研究リチウムイオン電池合材スラリー最適化というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した1)

Assessment of Binders by Applying Percolation Model in Carbon Conductive Additive Electrode
M. Yaginuma, K. Tachibana, T. Endo, T. Nishina
Graduate School of Science and Engineering Yamagata University, Johnan 4-3-16, Yonezawa, Yamagata 992-8510, Japan

A lithium ion secondary battery electrode consists of active materials, carbon conductive additive, polymer binder and a current collector. A carbon constructs a conductive pass in an electrode and it role to carry an electron. Binder is an insulator. If binders increase in an electrode, would the resistance increases. Binder excess electrode (Binder/AB=210) as working electrode characterized by cyclic voltammetry method. We tried the application of the percolation model in carbon conductive additive electrode. This study showed that carbon conductive additive electrode applicable to coating model than the percolation model.


静電容量2)炭素質量炭素表面積3)比例定数バインダ4)依存

炭素材料5)6)7)
分散PVDF8)溶剤

CV9)10)

バインダ11)
学会49回電池討論会12)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,導電助材|導電助材13)
卒業研究-電気化学2004,フーリエ変換法によるインピーダンス計算14)



実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > カーボン > カーボン材料(アセチレンブラック系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

EDLCのボルタモグラム(デジタルシミュレーション)グラフ.

実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > サイクリ > EDLCのボルタモグラム,サイクリックボルタンメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

【学会】第49回電池討論会
立花和宏, 研究ノート, (2008).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > サイクリ > サイクリ > フーリエ変換法によるインピーダンス計算,サイクリックボルタンメトリーとインピーダンス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1リチウムイオン電池合材スラリーの最適化
柳沼 雅章, 修士論文, (2010).
(2静電容量(electrostatic capacityC [ファラッド].
(3表面積(surface areaS [平方メートル].
(4実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(5@ > 無機材料 > 炭素材料
炭素材料, (材料).
(6DIABLACK I, 仁科研究室(南東側), 仁科 辰夫, (2005).
(7実験方法 > 材料&試 > カーボン > カーボン材料(アセチレンブラック系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(8KFポリマーL#1120(PVDF+NMP), 仁科研究室(南東側), 立花 和宏, (2003).
(9EDLCのボルタモグラム(デジタルシミュレーション)グラフ.
(10実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > サイクリ > EDLCのボルタモグラム,サイクリックボルタンメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(11実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(12【学会】第49回電池討論会
立花和宏, 研究ノート, (2008).
(13結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(14実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > サイクリ > サイクリ > フーリエ変換法によるインピーダンス計算,サイクリックボルタンメトリーとインピーダンス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧