鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 ESR法を用いるガラス表面の酸化力評価
一覧戻る進む
ID⇒#270@卒論;
要約【卒論】えーすは、2005年に、それまでの研究をESR法を用いるガラス表面の酸化力評価というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#270@卒論;。
書誌情報ESR法を用いるガラス表面の酸化力評価
永島 一利, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2005).
学籍番号・氏名03521668 永島  一利
受理日2005/03/31
関連外部URLhttp://mri.yz.ya…
シラバス卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > 卒業研究について
研究室尾形・仁科研
指導教員C1:立花
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者尾形 健明
研究場所(未登録 > 米沢キャ > 3号館 > 3号館3 > 3-3303 C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
ESR法によるガラスの酸化力評価
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
日常生活においてガラスは必要不可欠な素材であるがガラス製造している段階で着色の為に添加される金属イオンなどが酸化持ってしまいガラス表面に接触する物質酸化させ劣化させてしまうという事例が報告されているしたがって本実験ではスピンプローブ剤であるHITO1)用いX-バンドESR装置ガラス表面酸化測定した
文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…