鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
×
【対象】 TPCのpH依存性(水系)
一覧戻る進む·鷹山·アメニティ研
*
対象
試料
物理量
材料物性
化学特性
研究対象
試薬使用履歴
数値測定履歴
鷹山
アメニティ研

ID⇒#140@対象;
要約【研究対象】TPCのpH依存性(水系)⇒#140@対象;
所有者荒川 直宙
講義ノート材料&試料(消耗品)
試料(サンプル)TPC (仮想試料=実在しません)
構成試料(サンプル)TPC (仮想試料=実在しません),  ローズベンガル
関連対象TPCの分子軌道計算
物理量ESR信号強度pH
数値

pH=7;ローズベンガル有;光有

,TPCのpH依存性(水系),TPCは使えるか?とりあえず実験,ESR信号強度,0.43 ・

pH=10;ローズベンガル有;光有

,TPCのpH依存性(水系),TPCは使えるか?とりあえず実験,ESR信号強度,7.51 ・

pH=11;ローズベンガル無;光有

,TPCのpH依存性(水系),TPCは使えるか?とりあえず実験,ESR信号強度,0.65 ・

pH=11;ローズベンガル有;光有

,TPCのpH依存性(水系),TPCは使えるか?とりあえず実験,ESR信号強度,3.85 ・

pH=10;ローズベンガル無;光有

,TPCのpH依存性(水系),TPCは使えるか?とりあえず実験,ESR信号強度,0.44 ・

pH=9;ローズベンガル無;光有

,TPCのpH依存性(水系),TPCは使えるか?とりあえず実験,ESR信号強度,0.26 ・

pH=9;ローズベンガル有;光有

,TPCのpH依存性(水系),TPCは使えるか?とりあえず実験,ESR信号強度,1.32 ・

pH=8;ローズベンガル無;光有

,TPCのpH依存性(水系),TPCは使えるか?とりあえず実験,ESR信号強度,0.43 ・

pH=8;ローズベンガル有;光有

,TPCのpH依存性(水系),TPCは使えるか?とりあえず実験,ESR信号強度,0.43 ・

pH=7;ローズベンガル無;光有

,TPCのpH依存性(水系),TPCは使えるか?とりあえず実験,ESR信号強度,0.43 ・
説明
とりあえず実験してみた

共同研究者古跡小川

試料TPC1)ローズベンガル2)適正緩衝溶液

酸素存在下でローズベンガル照射すると重項酸素が発生します

Kirika Ishiyamaらは2012年にBactericidal Action of Photogenerated Singlet Oxygen from Photosensitizers Used in Plaque Disclosing AgentsについてTPC使用して重項酸素検出きると述べているBactericidal Action of Photogenerated Singlet Oxygen from Photosensitizers Used in Plaque Disclosing Agents3)

グラフ
ローズベンガルに光照射したときのTPCのESR信号強度IとpHの関係4)

関連テーマ
水溶性の重項酸素水溶液中における一重項酸素の発生系と捕捉剤の検討5)
非水溶媒系における一重項酸素の消去能評価法の研究6)

(12,2, > TPC
TPCTPC, (材料).
(2ローズベンガルRose bengalC20H2Cl4I4Na2O5, = 1017.64448 g/mol, (化学種).
(3Bactericidal Action of Photogenerated Singlet Oxygen from Photosensitizers Used in Plaque Disclosing Agents
Kirika Ishiyama, Keisuke Nakamura, Hiroyo Ikai, Taro Kanno, Masahiro Kohno, Keiichi Sasaki, Yoshimi Niwano, plos one,7,37871(2012).
(4ローズベンガルに光照射したときのTPCのESR信号強度IとpHの関係グラフ.
(5水溶液中における一重項酸素の発生系と捕捉剤の検討
荒川 直宙, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(6非水溶媒系における一重項酸素の消去能評価法の研究
古跡 勇人, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2011).