鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 細胞


項目
ID⇒#489
キーワード細胞
ソース情報
品詞
内容
生命単位原形質含まれる細胞質ミトコンドリアリボソームなどからなります1)2)3)遺伝情報含む遺伝子あります17世紀4)顕微鏡つかって発見しました

遺伝子情報からさまざまなたんぱく質などが合成されます生物ひとつの細胞からなる単細胞生物多くの細胞からなる多細胞生物あります単細胞生物では細胞は組織器官形成します細胞膜ナトリウムポンプあり刺激受けるとATPエネルギーして高い活動電位示す興奮状態なります

細胞中でもっとも多い化学成分番目は動物細胞たんぱく質植物細胞では炭水化物なりますそのほか脂質核酸などの有機物無機塩類が含まれています生物からだが発生してゆく過程ではアポトーシス重要です有性生殖おいて減数分裂によって形成される生殖細胞配偶子といいますまたある種の細胞は免疫記憶します5)



参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 菊地憲明研究代表者, HVJenvelopeベクターによりBMP2遺伝子導入した間葉系細胞の骨再生, [菊地憲明], (2007.3).
(2) 菊地憲明研究代表者, HVJenvelopeベクターによりBMP2遺伝子導入した間葉系細胞の骨再生, [菊地憲明], (2007.3).
(3) 高橋英嗣研究代表者, 心筋細胞死を遅延させるメカニズムのバイオイメージング解析, [高橋英嗣], (2007.3).
(4) 高橋英嗣研究代表者, 心筋細胞死を遅延させるメカニズムのバイオイメージング解析, [高橋英嗣], (2007.3).
(6) 菅原七郎, 尾川昭三編, 生殖機能細胞の培養法, 学会出版センター, (1993.6).
(7) 江口吾朗著, 水晶体の再生 : 組織細胞の分化転換, 岩波書店, (1980.5).
(8) 西塚泰美編集担当, 情報伝達と細胞応答, 東京化学同人, (1986.5-11).
(9) 西塚泰美編集担当, 情報伝達と細胞応答, 東京化学同人, (1986.5-11).
(10) , 細胞工学的技術, 東京化学同人, (1987.2).
(11) 日本生化学会編, 代謝と栄養/遺伝・微生物・細胞・免疫/生化学的技術, 東京化学同人, (1980.6).
(12) 鈴木秋悦, 久保春海, 佐藤嘉兵編集, ICSI「卵細胞質内精子注入法」の手技と臨床, メジカルビュー社/グロビュ-社 (発売), (, 1997.6).
(13) 貝淵弘三 [ほか] 編集, 細胞骨格と接着, 共立出版, (2006.11).
(18) 米田悦啓 [ほか] 編, 細胞核の世界 : ダイナミクスから病態まで, 共立出版, (2006.11).
(23) 小柴共一, 神谷勇治, 勝見允行編, 植物ホルモンの分子細胞生物学 : 成長・分化・環境応答の制御機構, 講談社, (2006.9).
(24) 小柴共一, 神谷勇治, 勝見允行編, 植物ホルモンの分子細胞生物学 : 成長・分化・環境応答の制御機構, 講談社, (2006.9).
(25) 小柴共一, 神谷勇治, 勝見允行編, 植物ホルモンの分子細胞生物学 : 成長・分化・環境応答の制御機構, 講談社, (2006.9).
(26) 小柴共一, 神谷勇治, 勝見允行編, 植物ホルモンの分子細胞生物学 : 成長・分化・環境応答の制御機構, 講談社, (2006.9).
(27) 小柴共一, 神谷勇治, 勝見允行編, 植物ホルモンの分子細胞生物学 : 成長・分化・環境応答の制御機構, 講談社, (2006.9).
(28) 小柴共一, 神谷勇治, 勝見允行編, 植物ホルモンの分子細胞生物学 : 成長・分化・環境応答の制御機構, 講談社, (2006.9).
(29) 伊藤明夫著, はじめて出会う細胞の分子生物学, 岩波書店, (2006.8).
(32) 井出利憲著, 細胞の老化, サイエンス社, (2006.6).
メニュー
シラバス/検索/細胞…
講義内容/検索/細胞…
講義ノート/検索/細胞…
研究ノート/検索/細胞…
ファイル/検索/細胞…
研究テーマ/検索/細胞…
論文/検索/細胞…
書籍名/検索/細胞…
雑誌名/検索/細胞…
材料名/検索/細胞…
>ウィキペディア/細胞…
エンジニア/検索/細胞…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧