鷹山 (C)1996-2022 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?

【研究ノート】 【寄稿】工学部で環境安全教育のためにどの

一覧戻る進む
研究ノート-【寄稿】工学部で環境安全教育のた@627-【寄稿】工学部で環境安全教育のためにどの

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

ID⇒#627@研究ノート;
要約【研究ノート】【寄稿】工学部で環境安全教育のためにどの⇒#627@研究ノート;
日時記録=2006/12/25, 修正=2008/3/18
研究者立花 和宏
リンク関連外部URL=http://www.id.ya…, 学認共有URL=講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
内容締切20071)
PRTR法関係2)

山形大学環境保全センター3)

4)
学会発表

志井環境教育,平成18年度5)
渡邉隼司教育研究,平成17年度6)
仲宗根亮PRTR法,化学学協7)
PRTR説明8)

工学部環境安全教育ためにどのような

カリキュラムとりいてていいるか?

せいとの反応は?
無機分析化学応用実験9)
無機分析化学基礎実験10)

廃液評価項目に取り入れる
ゼロエミション

グリーンケミストリーへのとりくみ

卒業生の言葉


解決すべき問題点

過去実践例


PRTRシステムマニュアル作成11)
PRTR廃棄処理(汚染)12)

投稿環境保全13)

2007年2月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

環境教育と環境マネジメントの統合システムの開発
志井洋介,伊藤智博,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成18年度 化学系学協会東北大会, (2006).

教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

PRTR法に対応した化学物質管理・公開システムの開発
仲宗根亮,田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).

PRTR説明会
立花和宏, 研究ノート, (2003).

PRTRシステムのマニュアル作成
伊藤晋, 研究ノート, (2003).

PRTR廃棄処理(汚染)
, 研究ノート, (2006).

【投稿】環境保全
立花和宏, 研究ノート, (2007).

(12007年2月
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(2/amenity/PRT…(PRTR法関係)
仁科 辰夫, PRTR対策システム, (2007).
(3山形大学環境保全センター所属.
(4持続可能な社会づくり
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(5環境教育と環境マネジメントの統合システムの開発
志井洋介,伊藤智博,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成18年度 化学系学協会東北大会, (2006).
(6教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(7PRTR法に対応した化学物質管理・公開システムの開発
仲宗根亮,田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).
(8PRTR説明会
立花和宏, 研究ノート, (2003).
(9無機・分析化学応用実験,精密応用化学専修コース(~H15),etc,物質化学工学科,山形大学
遠藤 昌敏, シラバス, (2008).
(10無機・分析化学基礎実験,精密応用化学専修コース(~H15),etc,物質化学工学科,山形大学
遠藤 昌敏, シラバス, (2007).
(11PRTRシステムのマニュアル作成
伊藤晋, 研究ノート, (2003).
(12PRTR廃棄処理(汚染)
, 研究ノート, (2006).
(13【投稿】環境保全
立花和宏, 研究ノート, (2007).
研究ノート
2006年12月
【論文】さとる;コッククロフトウォルトン回路
リチウムイオン二次電池発火事故
【学会】第38回セミコンファレンス@山形県山形市
MANTEN@山形県米沢市
【論文】化学と教育、SPP科学技術体験合宿における大学と学習塾の連携
産学官連携交流会@福島県福島市
【講演】リチウムイオン二次電池の_技術情報協会セミナー@東京都港区
MANTEN@東京都品川区
【寄稿】工学部で環境安全教育のためにどの
2007年1月
精密応用化学専修コース(H17)
(A) 専門知識の習得と継続的学習
(B) データ収集と解析および問題解決能力
(C)創造力およびコミュニケーション能力の育成
(D)人類の幸福に貢献できる技術者の育成
研究ノート…
試料…
試料使用履歴…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
HyperLink