鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【レビュー】 電解質
ID⇒#1104@レビュー;
要約【関連書籍】電解質⇒#1104@レビュー;
親単元
章.節.項1.5.
ページ
タイトル電解質
リンク
書誌情報金村聖志. 自動車用リチウムイオン電池. 日刊工業新聞社, 2010. .
更新日2011/04/29 19:45:43
レビューワ

電解質の機能と問題点

電位窓 輸率

現行の電気伝導率

凝固点 沸点

自動車リチウムイオン電池目次1)


プロピレンカーボネート1)
エチレンカーボネート2)
1,2-ジメトキシエタン3)

●支持塩濃度移動度4)
ッ化ホウリチウム5)
ッ化リンリチウム6)
過塩素酸リチウム7)
ッ化タンタルリチウム8)

関連書籍
溶媒の性質と分類9)
電解液10)
電池エネルギー11)
電池12)
電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで目次13)
高密度リチウム次電池 その反応材料と技術開発目次14)
最新リチウムイオン次電池目次15)
リチウムイオン次電池-材料と応用-目次16)
非水溶液の電気化学目次17)


(1プロピレンカーボネートC4H5O3, = 101.0819 g/mol, (化学種).
(2エチレンカーボネートC3H4O3 , = 88.06296 g/mol, (化学種).
(31,2-ジメトキシエタン1,2-DimethoxyethaneCH3OCH2CH2OCH3, = 90.1222 g/mol, (化学種).
(4移動度(mobility [平方メートル毎ボルト毎秒].
(5四フッ化ホウ酸リチウムLiBF4, = 93.7446 g/mol, (化学種).
(6六フッ化リン酸リチウムLiPF6, = 151.9052 g/mol, (化学種).
(7過塩素酸リチウムLiClO4, = 106.3916 g/mol, (化学種).
(8六フッ化タンタル酸リチウムLiTaF6, = 301.8794 g/mol, (化学種).
(9 > 溶媒の性質と分類
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(10電気化学 > 電解液
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(11 > 電池とエネルギー
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(12 > 電池
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(13 > 電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで(目次)
橋本尚著, 電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで, 講談社, (1987).
(14 > 高密度リチウム二次電池 その反応、材料と技術開発(目次)
竹原善一郎, 高密度リチウム二次電池 その反応、材料と技術開発, テクノシステム, (1998).
(15 > 最新リチウムイオン二次電池(目次)
情報機構, 最新リチウムイオン二次電池~安全性向上および高機能化に向けた材料開発~, 情報機構, (2008).
(16 > リチウムイオン二次電池-材料と応用-(目次)
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(17 > 非水溶液の電気化学(目次)
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).


プロピレンカーボネート1)
エチレンカーボネート2)
1,2-ジメトキシエタン3)

●支持塩濃度移動度4)
ッ化ホウリチウム5)
ッ化リンリチウム6)
過塩素酸リチウム7)
ッ化タンタルリチウム8)

関連書籍
溶媒の性質と分類9)
電解液10)
電池エネルギー11)
電池12)
電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで目次13)
高密度リチウム次電池 その反応材料と技術開発目次14)
最新リチウムイオン次電池目次15)
リチウムイオン次電池-材料と応用-目次16)
非水溶液の電気化学目次17)

(1プロピレンカーボネートC4H5O3, = 101.0819 g/mol, (化学種).
(2エチレンカーボネートC3H4O3 , = 88.06296 g/mol, (化学種).
(31,2-ジメトキシエタン1,2-DimethoxyethaneCH3OCH2CH2OCH3, = 90.1222 g/mol, (化学種).
(4移動度(mobility [平方メートル毎ボルト毎秒].
(5四フッ化ホウ酸リチウムLiBF4, = 93.7446 g/mol, (化学種).
(6六フッ化リン酸リチウムLiPF6, = 151.9052 g/mol, (化学種).
(7過塩素酸リチウムLiClO4, = 106.3916 g/mol, (化学種).
(8六フッ化タンタル酸リチウムLiTaF6, = 301.8794 g/mol, (化学種).
(9 > 溶媒の性質と分類
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(10電気化学 > 電解液
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(11 > 電池とエネルギー
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(12 > 電池
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(13 > 電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで(目次)
橋本尚著, 電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで, 講談社, (1987).
(14 > 高密度リチウム二次電池 その反応、材料と技術開発(目次)
竹原善一郎, 高密度リチウム二次電池 その反応、材料と技術開発, テクノシステム, (1998).
(15 > 最新リチウムイオン二次電池(目次)
情報機構, 最新リチウムイオン二次電池~安全性向上および高機能化に向けた材料開発~, 情報機構, (2008).
(16 > リチウムイオン二次電池-材料と応用-(目次)
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(17 > 非水溶液の電気化学(目次)
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).