鷹山 (C)1996-2021 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?

【研究ノート】 【学会】第52回電池討論会@東京都江戸川区

一覧戻る進む
研究ノート-【学会】第52回電池討論会@東京@1593-【学会】第52回電池討論会@東京都江戸川区

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

ID⇒#1593@研究ノート;
要約【研究ノート】【学会】第52回電池討論会@東京都江戸川区⇒#1593@研究ノート;
日時記録=2011/10/17, 修正=2011/8/22
研究者立花 和宏
リンク関連外部URL=http://c1.yz.yam…, 学認共有URL=講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
内容主催電気化学電池技術委員会
日時平成232011101720
会場ーホール船堀〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1
②国際ション以外 平成2371
◎講演要旨原稿締切 平成23826必着
加予約締切  平成2399

http://www.tower…
都営新宿線 船堀

討論主題電池燃料電池の反応機構
革新的電池燃料電池と材料
車載用電池と低コスト大型電池
燃料電池の高耐久化と低コスト
NEDOション
国際ション
The 15th International Symposium on Batteries,
Fuel Cells and Capacitors

本田,及…らは2011年にーホール船堀〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1 開催された第52電池討論会においてアルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象に関わるバインダー種類ついて報告している1)

武田浩幸,及…らは2011年にーホール船堀〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1 開催された第52電池討論会においてリチウムイオン電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象について報告している2)

川田聖人,長…らは2011年にーホール船堀〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1 開催された第52電池討論会においてアルミニウム集電体の不働態皮膜修復に及ぼすバインダー種類スラリー中炭素含有量の影響について報告している3)

かわだは2012年にそれまでの研究アルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布効果いうテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した4)

ちあきは2012年にそれまでの研究正極集電体へのバインダー接触電池信頼性というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した5)


関連講義
卒業研究-電気化学2004,電池討論会6)
卒業研究-電気化学2004,学会発表20117)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,電池討論会8)
電気化学の庵,江戸川区9)

アルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象に関わるバインダーの種類
本田千秋,及川俊他,佐々木貴史,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).

リチウムイオン二次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象
武田浩幸,及川俊他,本田千秋,関根智仁,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).

アルミニウム集電体の不働態皮膜修復に及ぼすバインダーの種類とスラリー中炭素含有量の影響
川田聖人,長谷川拓哉,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).

結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2011@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

高等学校 > 地理(高 > 関東地方 > 東京都 > 江戸川区,東京都
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).

(1アルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象に関わるバインダーの種類
本田千秋,及川俊他,佐々木貴史,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).
(2リチウムイオン二次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象
武田浩幸,及川俊他,本田千秋,関根智仁,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).
(3アルミニウム集電体の不働態皮膜修復に及ぼすバインダーの種類とスラリー中炭素含有量の影響
川田聖人,長谷川拓哉,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).
(4アルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布の効果(仮)
川田 聖人, 修士論文, (2012).
(5正極集電体へのバインダー接触と電池の信頼性(仮)
本田 千秋, 卒業論文, (2012).
(6結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(7緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2011@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(8結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(9高等学校 > 地理(高 > 関東地方 > 東京都 > 江戸川区,東京都
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).
研究ノート
2011年10月
【議事】バインダー
【議事】センサー
【DF】【見学】エヌ・イー ケムキャット@静岡県沼津市
【学会】第52回電池討論会@東京都江戸川区
【議事】アルミ集電体
【議事】リサイクル
【議事】めっき
【議事】炭素スラリー
2011年11月
【NCV収録】印刷技術
【議事】炭素分散スラリー
合同セミナー@山形市
【講演】がんばれ日本@東京都葛飾区
【学会】炭素材料学会@愛知県名古屋市
2011年12月
研究ノート…
アルミニウム集電体の不働態皮膜修復に及ぼすバインダーの種類とスラリー中炭素含有量の影響
試料…
試料使用履歴…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
HyperLink