鷹山 (C)1996-2018 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 液晶


項目
ID⇒#728
キーワード液晶
ソース情報
品詞
内容
液体のようでありながら結晶性も同時に示す物質がありますこの状態液晶呼びます1)異方性よって自由度が少しずつ増えるために等方現れる前に固相液相併せ持つ状態となります固体液体の中間の状態ともいえます液晶にあるときは粘性弾性の両方の性質あわせもちます2)電気はほとんど流しませんが誘電体して電場応答します3)

界面活性剤分子がある濃度以上で作るミセル親液性液晶リオトロピ液晶ということもあります1888年にレインザーが発見した熱変化による液晶はサーモトロピ液晶と呼ばれます4)サーモトロピ液晶温度上げるにつれて結晶スメクチネマティ変化してゆきます1968年にRCAの研究者がディスプレイへの応用見出し19735)シャープが世界に先駆けてLCD搭載の電卓実用化しました

固体液体か区別しづらい状態にガラスがありますがこちらは等方だけであり液晶とちがって異方性持ちません6)

偏光7)にはさんで液晶ディスプレイとして使われます8)カラー液晶にはカラーフィルター使う方式とフィールドシーケンシャル方式ありますフィールドシーケンシャル方式青のLED拡散板のサイドエから入光します携帯電話9)電子辞書PCディスプレイ液晶カメラモニター10)テレビ11)プロジェクターなどに応用されます12)

駅の掲示板自動車や飛行機のクピなどにも使われます

関連書籍
液晶高分子入門目次13)
液晶材料14)

動画15)
ピカッとさいえんす液晶ディスプレイ
http://c1.yz.yam…

(14-シアノ-4´-n-ヘプチルビフェニルC18H19N, = 249.35556 g/mol, (化学種).
(2実験方法 > 材料&試 > 液晶物質,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(3エネルギ > 【200 > 第8講 発表の組み立て、偏光と液晶と誘電体,【2007年(平成19)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).
(4 > 液体状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(5高等学校 > 高校歴史 > 現代 > 1970s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1970).
(6 > 有機ファインケミカルズ
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(7 > 
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).
(8品質管理 > 2007 > 第5講  > 液晶パネルのつくり方,第5講 品質管理と品質保証
立花 和宏,品質管理, 講義ノート, (2007).
(9 > 体系的に学ぶ携帯電話のしくみ(目次)
神崎洋治、西井美鷹, 体系的に学ぶ携帯電話のしくみ, 日経BPソフトプレス, (2006).
(10 > 体系的に学び直すデジタルカメラのしくみ(目次)
神崎洋治、西井三鷹, 体系的に学び直すデジタルカメラのしくみ, 日経BPソフトプレス, (2004).
(11 > AV機器のしくみ
吉岡安之, 電子の回廊, 日刊工業新聞社, (1994).
(12 > AV機器のしくみ
吉岡安之, 電子の回廊, 日刊工業新聞社, (1994).
(13 > 液晶・高分子入門(目次)
竹添秀男;渡辺順次, 液晶・高分子入門, 裳華房, (2004).
(14 > 液晶材料
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(15ピカッと > 液晶ディスプレイ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2010).


参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 市村国宏著, 液晶の光配向, 米田出版, (2007.3).
(2) 中川匡弘著, 液晶相転移 : 分子論的アプローチ, シュプリンガー・フェアラーク東京, (2001.9).
(3) 小出直之, 液晶ポリマー 合成・成形・応用, , (2018/07/19 5:17:50).
(4) 佐藤進, 液晶とその応用, , (2018/07/19 5:17:50).
(5) 佐藤進, 液晶とその応用, , (2018/07/19 5:17:50).
(6) 中田一郎, 液晶の製法と応用, , (2018/07/19 5:17:50).
(7) 小林駿介, 液晶 8版, , (2018/07/19 5:17:50).
(8) 小林駿介, 液晶, , (2018/07/19 5:17:50).
(9) 岡野光治, 液晶:応用編, , (2018/07/19 5:17:50).
(10) 岡野光治, 液晶:基礎編, , (2018/07/19 5:17:50).
(11) 岡野光治, 液晶 基礎編, , (2018/07/19 5:17:50).
(12) 松本正一, 液晶の最新技術, , (2018/07/19 5:17:50).
(13) 松本正一, 液晶の最新技術, , (2018/07/19 5:17:50).
(14) 飯村一賀, 液晶高分子, , (2018/07/19 5:17:50).
(15) 日本学術振興会情報科, 液晶辞典, , (2018/07/19 5:17:50).
(16) 竹添秀男, 渡辺順次共著, 液晶・高分子入門, 裳華房, (2004.11).
(17) 竹添秀男, 渡辺順次共著, 液晶・高分子入門, 裳華房, (2004.11).
(18) 液晶若手研究会編, 液晶ディスプレイの最先端 : LCD開発の基礎から21世紀展望まで, シグマ出版, (1996.10).
(19) 折原宏著, 液晶の物理, 内田老鶴圃, (2004.4).
(20) 松田浩充著, 液晶混合系の相挙動に関する分子論, 山形大学, (2005.3).
(21) 内田龍男監修, 反射型カラー液晶ディスプレイ技術, シーエムシー出版, (2004.11).
(22) 荒木克彦、北野武著, 液晶ポリマーのレオロジーと成形性, アイピーシー, (2003.1).
(25) , 岡野光治 液晶, , (2018/07/19 5:17:50).
(26) 板倉聖宣著, 熱と分子の世界 : 液晶・爆発・赤外線, 仮説社, (2004.1).
(27) 金澤昭彦研究代表者, 発光制御可能な液晶ガラス薄膜の創製, [金澤昭彦], (2003.3).
(28) NHK編, 液晶執念の対決 : 瀬戸際のリーダー・大勝負, NHKソフトウェア, (c2002).
(29) イアン W. ハムレー著/好村滋行[ほか]訳, ソフトマター入門 : 高分子・コロイド・両親媒性分子・液晶, シュプリンガー・フェアラーク東京, (2002.10).
(30) イアン W. ハムレー著/好村滋行 [ほか] 訳, ソフトマター入門 : 高分子・コロイド・両親媒性分子・液晶, シュプリンガー・フェアラーク東京, (2002.10).
(32) 水田進編著, 液晶のしくみ, ナツメ社, (2002.6).
メニュー
シラバス/検索/液晶…
講義内容/検索/液晶…
講義ノート/検索/液晶…
研究ノート/検索/液晶…
ファイル/検索/液晶…
研究テーマ/検索/液晶…
論文/検索/液晶…
書籍名/検索/液晶…
雑誌名/検索/液晶…
材料名/検索/液晶…
>ウィキペディア/液晶…
エンジニア/検索/液晶…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧