鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?

【キーワード】 液晶


項目
ID⇒#728
キーワード液晶
ソース情報
品詞
内容

液体のようでありながら結晶性も同時に示す物質がありますこの状態液晶呼びます4-シアノ-4´-n-ヘプチルビフェニル1)異方性よって自由度が少しずつ増えるために等方現れる前に固相液相併せ持つ状態となります固体液体の中間の状態ともいえます液晶にあるときは粘性弾性の両方の性質あわせもちます有機材料(液晶材料や有機半導体)2)電気はほとんど流しませんが誘電体して電場応答します第8講 発表の組み立て、偏光と液晶と誘電体3)

界面活性剤分子がある濃度以上で作るミセル親液性液晶リオトロピ液晶ということもあります1888年にレインザーが発見した熱変化による液晶はサーモトロピ液晶と呼ばれます

液体状態
液体の構造
液体の性質
液体の比熱
液体の粘性
表面張力1)
液体の分子運動とブラウン運動拡散係数
気体の溶解とヘンリー法則
蒸気圧降下とラウール法則
浸透圧ファントホ法則
沸点上昇と凝固点降下
液体界面
界面コロイド分散溶媒
界面活性界面活性剤洗剤
単分子膜親水性疎水性気体凝縮
液体中の分散系エマルションミセル臨界ミセル濃度サスペンション電気二重層電気泳動
ぬれ接触角2)
高分子の溶液
液晶

目次3)
現代物理化学序説 改訂版目次4)


出典:
液体状態
(井上 勝也 著. 現代物理化学序説 改訂版. 培風館, . ) 4)
サーモトロピ液晶温度上げるにつれて結晶スメクチネマティ変化してゆきます1968年にRCAの研究者がディスプレイへの応用見出し19731970s5)シャープが世界に先駆けてLCD搭載の電卓実用化しました

固体液体か区別しづらい状態にガラスがありますがこちらは等方だけであり液晶とちがって異方性持ちません

有機ファインケミカルズ

界面活性剤
色素化合物染料顔料
有機化合物の構造と色混色染料顔料カラー印刷機能性色素
医薬品
有機導電性材料
液晶材料
液晶の発見結晶相の分類結晶相発現の要素液晶ディスプレイ原理
有機エレクトロルミネッセンス材料

最新工業化学持続的社会に向けて目次最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)1)
酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学2)

酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学


出典:
有機ファインケミカルズ
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, . ) 6)

偏光

いろいろな

の性質

の伝わり方と種類
の重ね合わせ
定常と自由端固定端
の反射屈折回折




体の振動と共振共鳴
プラー効果

の種類偏光液晶パネル偏光
の進み方
レンズ
干渉回折

視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録目次1)


出典:

(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録. 数研出版, . ) 7)
にはさんで液晶ディスプレイとして使われます液晶パネルのつくり方8)カラー液晶にはカラーフィルター使う方式とフィールドシーケンシャル方式ありますフィールドシーケンシャル方式青のLED拡散板のサイドエから入光します携帯電話
体系的に学ぶ携帯電話のしくみ目次
携帯電話歴史市場動向
各種サービスの概要と特徴
メールサービス
FeliCa
通話と通信のしくみ1)
電波
インターネット
携帯電話技術としくみ2)
ディスプレイ
(1 > 通話と通信のしくみ
神崎洋治、西井美鷹, 体系的に学ぶ携帯電話のしくみ, 日経BPソフトプレス, , (2006).
(2 > 携帯電話の技術としくみ
神崎洋治、西井美鷹, 体系的に学ぶ携帯電話のしくみ, 日経BPソフトプレス, , (2006).

出典:
体系的に学ぶ携帯電話のしくみ(目次)
(神崎洋治、西井美鷹. 体系的に学ぶ携帯電話のしくみ. 日経BPソフトプレス, . ) 9)
電子辞書PCディスプレイ液晶カメラモニターテレビ
AV機器のしくみ
テレビ画像払い清める電子の巫女●テレビ
失せよ!テレビの背後霊●テレビ
マルチメディアの顔●CRTディスプレイ
壁掛けテレビの《壁》●液晶テレビ
BSアンテナは丸型がマル●BSアンテナ
電波のやまびこ消す●BSチューナーアンテナ
の中のラセン階段●ビデオ体型カメラ
ビデオは写真の宝庫?●ビデオプリンタ
新しい酒は革袋に!●VTR
プロ顔負けの写真が撮影できるのは?●スチールカメラ
モテるのはなで肩よりも怒り肩●CDプレーヤー
光磁気ディスクの風雲児●MDプレーヤー
小は大兼ねる?ミニディスクMD
DATと《第新人》の出会い●DAT
カセトデが泣いている?●カセトテープレコーダー
素晴らしきウサギ小屋劇場●AVスピーカ
チャンピオンは小粒●ドホンステレオ
電子楽器の人工心臓●電子ピアノ
ラジオ通る電波の道は難所だらけ●ラジオ1)

身近なセンサの活躍



出典:
AV機器のしくみ
(吉岡安之. 電子の回廊. 日刊工業新聞社, . ) 11)
プロジェクターなどに応用されます
AV機器のしくみ
テレビ画像払い清める電子の巫女●テレビ
失せよ!テレビの背後霊●テレビ
マルチメディアの顔●CRTディスプレイ
壁掛けテレビの《壁》●液晶テレビ
BSアンテナは丸型がマル●BSアンテナ
電波のやまびこ消す●BSチューナーアンテナ
の中のラセン階段●ビデオ体型カメラ
ビデオは写真の宝庫?●ビデオプリンタ
新しい酒は革袋に!●VTR
プロ顔負けの写真が撮影できるのは?●スチールカメラ
モテるのはなで肩よりも怒り肩●CDプレーヤー
光磁気ディスクの風雲児●MDプレーヤー
小は大兼ねる?ミニディスクMD
DATと《第新人》の出会い●DAT
カセトデが泣いている?●カセトテープレコーダー
素晴らしきウサギ小屋劇場●AVスピーカ
チャンピオンは小粒●ドホンステレオ
電子楽器の人工心臓●電子ピアノ
ラジオ通る電波の道は難所だらけ●ラジオ1)

身近なセンサの活躍



出典:
AV機器のしくみ
(吉岡安之. 電子の回廊. 日刊工業新聞社, . ) 12)

駅の掲示板自動車や飛行機のクピなどにも使われます

関連書籍

液晶高分子入門目次

液晶高分子入門目次
液晶編-
液晶の分類
いろいろな液晶相の構造
弾性的変形-液晶弾性論-
液晶における欠陥構造
等方相-ネマチ相転移の理論
強誘電性反強誘電性
液晶ディスプレイの物理
-高分子編-
高分子本の多様な形と性質
希薄溶液中の高分子の振舞
高分子液体の性状
高分子の相転移
高分子の混合系

ミセル 高分子液晶 低分子液晶 点群
スメクチ ネマチ
サーモトロピック液晶 リオトロピック液晶
出典:
液晶・高分子入門(目次)
(竹添秀男;渡辺順次. 液晶・高分子入門. 裳華房, . ) 13)


出典:
液晶材料
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, . ) 14)

動画液晶ディスプレイ15)

ピカッとさいえんす液晶ディスプレイ

http://c1.yz.yam…




参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 市村国宏著, 液晶の光配向, 米田出版, (2007.3).
(2) 中川匡弘著, 液晶相転移 : 分子論的アプローチ, シュプリンガー・フェアラーク東京, (2001.9).
(3) 小出直之, 液晶ポリマー 合成・成形・応用, , (2020/10/21 8:33:30).
(4) 佐藤進, 液晶とその応用, , (2020/10/21 8:33:30).
(5) 佐藤進, 液晶とその応用, , (2020/10/21 8:33:30).
(6) 中田一郎, 液晶の製法と応用, , (2020/10/21 8:33:30).
(7) 小林駿介, 液晶 8版, , (2020/10/21 8:33:30).
(8) 小林駿介, 液晶, , (2020/10/21 8:33:30).
(9) 岡野光治, 液晶:応用編, , (2020/10/21 8:33:30).
(10) 岡野光治, 液晶:基礎編, , (2020/10/21 8:33:30).
(11) 岡野光治, 液晶 基礎編, , (2020/10/21 8:33:30).
(12) 松本正一, 液晶の最新技術, , (2020/10/21 8:33:30).
(13) 松本正一, 液晶の最新技術, , (2020/10/21 8:33:30).
(14) 飯村一賀, 液晶高分子, , (2020/10/21 8:33:30).
(15) 日本学術振興会情報科, 液晶辞典, , (2020/10/21 8:33:30).
(16) 竹添秀男, 渡辺順次共著, 液晶・高分子入門, 裳華房, (2004.11).
(17) 竹添秀男, 渡辺順次共著, 液晶・高分子入門, 裳華房, (2004.11).
(18) 液晶若手研究会編, 液晶ディスプレイの最先端 : LCD開発の基礎から21世紀展望まで, シグマ出版, (1996.10).
(19) 折原宏著, 液晶の物理, 内田老鶴圃, (2004.4).
(20) 松田浩充著, 液晶混合系の相挙動に関する分子論, 山形大学, (2005.3).
(21) 内田龍男監修, 反射型カラー液晶ディスプレイ技術, シーエムシー出版, (2004.11).
(22) 荒木克彦、北野武著, 液晶ポリマーのレオロジーと成形性, アイピーシー, (2003.1).
(25) , 岡野光治 液晶, , (2020/10/21 8:33:30).
(26) 板倉聖宣著, 熱と分子の世界 : 液晶・爆発・赤外線, 仮説社, (2004.1).
(27) 金澤昭彦研究代表者, 発光制御可能な液晶ガラス薄膜の創製, [金澤昭彦], (2003.3).
(28) NHK編, 液晶執念の対決 : 瀬戸際のリーダー・大勝負, NHKソフトウェア, (c2002).
(29) イアン W. ハムレー著/好村滋行 [ほか] 訳, ソフトマター入門 : 高分子・コロイド・両親媒性分子・液晶, シュプリンガー・フェアラーク東京, (2002.10).
(30) イアン W. ハムレー著/好村滋行[ほか]訳, ソフトマター入門 : 高分子・コロイド・両親媒性分子・液晶, シュプリンガー・フェアラーク東京, (2002.10).
(32) 水田進編著, 液晶のしくみ, ナツメ社, (2002.6).
メニュー
シラバス/検索/液晶…
講義内容/検索/液晶…
講義ノート/検索/液晶…
研究ノート/検索/液晶…
ファイル/検索/液晶…
研究テーマ/検索/液晶…
論文/検索/液晶…
書籍名/検索/液晶…
雑誌名/検索/液晶…
材料名/検索/液晶…
>ウィキペディア/液晶…
エンジニア/検索/液晶…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧