鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 半導体の簡便迅速評価とそのエネルギーデバイスへの応用
一覧戻る進む
ID⇒#498@卒論;
要約【卒論】ともゆきは、2013年に、それまでの研究を半導体の簡便迅速評価とそのエネルギーデバイスへの応用というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#498@卒論;。
書誌情報半導体の簡便迅速評価とそのエネルギーデバイスへの応用
伊藤 知之, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
学籍番号・氏名09512010 伊藤 知之
受理日2013/03/31
関連外部URLhttp://c1.yz.yam…
シラバス卒業研究(C1-電気化学2004~)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > リチウム > 半導体の簡便迅速評価
研究室仁科・立花研
指導教員C1:仁科辰夫・立花和宏
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者立花 和宏
研究場所(未登録 > 9号館3 > 9号館: > 仁科研究室(南西側)パソコン
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
分散剤の評価
有機半導体の評価


有機半導体の移動度の簡便迅速評価

物理量導電率1)セル定数2)漏れ電流3)

ポリ3-ヘキシルチオフェン-2,5-ジイル4)

学会リチウムイオン次電池電解液中に溶解した鉄の負極集電体への析出とセパレータ貫通による化学短絡5)


○伊藤知之…らは2012年に公共の宿 おおとり荘 で開催された第29回ARS津軽コンファレンスにおいて有機半導体担持したアルミニウムアノード酸化皮膜耐電圧及ぼす前処理の影響について報告している6)

○伊藤知之,…らは2012年にで開催された平成24年度 化学系学協会東北大会において有機エレクトロニクス用有機半導体材料溶解した溶液の導電率と濃度の関係について報告している7)


関連講義
卒業研究-電気化学2004,界面活性剤分散剤乳化剤8)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,2012年度平成24卒業研究9)

リチウムイオン二次電池電解液中に溶解した鉄の負極集電体への析出とセパレータ貫通による化学短絡
○伊藤知之,加藤直貴,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (1).

有機半導体を担持したアルミニウムアノード酸化皮膜の耐電圧に及ぼす前処理の影響
○伊藤知之、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫,第29回ARS伊豆長岡コンファレンス予稿集, p.88 (1).

有機エレクトロニクス用有機半導体材料を溶解した溶液の導電率と濃度の関係
○伊藤知之, 佐々木優, 本田千秋, 立花和宏, 仁科辰夫, 大場好弘,平成24年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (1).

実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分 > 界面活性剤・分散剤・乳化剤,溶媒&分散媒
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【2012年度(平成24)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

(1導電率 κ / S/m.
(2セル定数 a / 1/m.
(3漏れ電流 Il / A.
(4ポリ(3-ヘキシルチオフェン-2,5-ジイル), 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2009).
(5リチウムイオン二次電池電解液中に溶解した鉄の負極集電体への析出とセパレータ貫通による化学短絡
○伊藤知之,加藤直貴,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (1).
(6有機半導体を担持したアルミニウムアノード酸化皮膜の耐電圧に及ぼす前処理の影響
○伊藤知之、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫,第29回ARS伊豆長岡コンファレンス予稿集, p.88 (1).
(7有機エレクトロニクス用有機半導体材料を溶解した溶液の導電率と濃度の関係
○伊藤知之, 佐々木優, 本田千秋, 立花和宏, 仁科辰夫, 大場好弘,平成24年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (1).
(8実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分 > 界面活性剤・分散剤・乳化剤,溶媒&分散媒
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(9緒言(C > C1履歴 > 【2012年度(平成24)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
文献
Structural effects on the characteristics of organic field effect transistors
……… A.-L. Deman, J. Tardy, Y. Nicolas, P. Blanchard, J. Roncali ,synthetic metals(2004).
アリール基を置換したチオフェンオリゴマーの合成とOFET特性
……… 佐藤和昭, 大場好弘, 片桐洋史, 廣瀬文彦, 荒牧晋司, 酒井良正, 太田員正, 山口裕二 ,電子情報通信学会技術研究報告(2009).
CONTROLLING THE 3D NANOSCALE ORGANIZATION OF BULK
……… Svetlana S. van Bavel, Erwan Sourty, Gijsbertus de With, Joachim Loos ,chinese journal of polymer science(2009).
Donor-p-acceptor double-cable polythiophenes bearing fullerene pendant with
……… Minghua Li, Pan Xu, Jinguo Yang, Shangfeng Yang ,journal of materials chemistry(2000).
出版物…
試料
 

N-メチル-2-ピロリジノン

 

分散剤C

 

分散剤AN

 

分散剤SI

 

分散剤S

 

分散剤E

 

分散剤A

 

テフロン(PTFE)分散液(31-JR)

 

チタン酸リチウム

 

マンガン酸リチウム

 

マンガン酸リチウム

 

6T

 

4T

 

6a

 

8a

 

有機半導体

試料…
学会発表

XML言語によるスマートグリッドのための電池状態の監視

XML言語によるスマートグリッドのための電池状態の監視(仮) 学認使えるかな? 【物理量】電力量⇒#49@物理量;電力⇒#46@物理量; ○齊藤 純一…らは、2011年に東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市青葉区川内27-1) で開催された平成23年度 化学系学協会東北大会においてフェデレーション技術による廃棄物処理法電子マニフェストとPRTR法物質管理との統合システムの開発について報告している⇒#293@学会;。 ○伊藤智博,…らは、2010年に岩手県盛岡市上田三丁目18番8号 岩手大学で開催された平成22年度化学系学協会東北大会においてスマートグリッド実現へ向けたフェデレーションアーキティクチャによる電池劣化管理データベースの構築について報告している⇒#282@学会;。 志井洋介,伊…らは、2006年に秋田大学 手形キャンパスで開催された平成18年度 化学系学協会東北大会において環境教育と環境マネジメントの統合システムの開発について報告している⇒#210@学会;。 環境 エネルギー 【関連講義】サイバーキャンパス「鷹山」,IEEE1888

伊藤 智博立花 和宏奥山澄雄仁科 辰夫 ,平成24年度 化学系学協会東北大会 (2012).

有機半導体を担持したアルミニウムアノード酸化皮膜の耐電圧に及ぼす前処理の影響

有機半導体を担持したアルミニウムアノード酸化皮膜の耐電圧に及ぼす前処理の影響 耐電圧⇒#305@物理量; 【グラフ】図○に有機半導体を担持した電極を用いたセルのアドミタンスと洗浄溶液の双極子モーメントの関係の⇒#0@プロット;を示す。ここで、横軸は長さ⇒#1@物理量;であり、縦軸は質量⇒#2@物理量;である。この図より有機半導体を担持した電極を用いたセルのアドミタンスと洗浄溶液の双極子モーメントの関係…であることがわかる⇒#1125@グラフ;。 【著者】 ともゆきは、2013年に、それまでの研究を半導体の簡便迅速評価とそのエネルギーデバイスへの応用というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#498@卒論;。 「有機半導体を担持したアルミニウムアノード酸化皮膜の耐電圧に及ぼす前処理の影響」 ○伊藤知之、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫 ○本田 千秋…らは、2012年に東京都市大学 世田谷キャンパスで開催された表面技術協会第125回講演大会 においてアルミニウム集電体を洗浄する溶剤の種類とリチウムイオン二次電池の内部抵抗の関係について報告している

伊藤 知之本田 千秋立花 和宏仁科 辰夫 ,第29回ARS伊豆長岡コンファレンス ,p.88 (2012).

粉体インピーダンス測定によるリチウムイオン二次電池用正極活物質の表面状態の評価

粉体インピーダンス測定によるリチウムイオン二次電池用正極活物質の表面状態の評価 【表】LMOの比較⇒#18@表; 【講義ノート】正極活物質⇒#837@講義ノート;

伊藤 知之白鳥 明仁野尻 耕平小林 卓巨本田 千秋立花 和宏仁科 辰夫 ,電気化学会第80回大会 (2013).

リチウムイオン二次電池電解液中に溶解した鉄の負極集電体への析出とセパレータ貫通による化学短絡

リチウムイオン二次電池電解液中に溶解した鉄の負極集電体への析出とセパレータ貫通による化学短絡 【材料】鉄⇒#192@材料; 【関連講義】エネルギー変換化学特論,高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~(2011_H23)⇒#3268@講義ノート; 【講義ノート】セパレータ(隔膜)⇒#3374@講義ノート;

伊藤 知之加藤 直貴伊藤 智博立花 和宏仁科 辰夫 ,表面技術協会第129回講演大会 (2014).

炭素導電助剤分散用高分子化合物がリチウムイオン二次電池の劣化に及ぼす影響

【学会】本田千秋、小…らは、2013年に京都教育文化センターで開催された第40回炭素材料学会において交流インピーダンス測定によるリチウムイオン二次電池の合材スラリーの分散安定性モニタリングについて報告している⇒#345@学会;。 【材料】分散剤⇒#3537@材料; 【物理量】分解電圧⇒#388@物理量; 【プロット】電流―電圧曲線⇒#75@プロット;サイクリックボルタモグラム⇒#2@プロット;

伊藤 知之加藤 直貴伊藤 智博立花 和宏仁科 辰夫 ,電気化学会第81回大会 ,p.389 (2014).

有機エレクトロニクス用有機半導体材料を溶解した溶液の導電率と濃度の関係

有機半導体溶液の分極挙動の濃度依存性(仮) 有機化合物の半導体特性の迅速評価法(仮) 有機半導体の迅速評価法(仮) ○森田 茉季…らは、2011年に〒464-0813 名古屋市千種区仁座町(名古屋大学東山キャンパス内)で開催された第38回炭素材料学会において液晶場をプローブとしたリチウム二次電池炭素材料の評価とリーク電流の解析について報告している⇒#305@学会;。 誘電分極 【材料】クロロホルム⇒#836@材料; 【卒論】ともゆきは、2013年に、それまでの研究を半導体の簡便迅速評価とそのエネルギーデバイスへの応用というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#498@卒論;。 4T⇒#12049@試料;6T⇒#12048@試料; 【物理量】ゲート電圧⇒#431@物理量; ともゆきは、2013年に、それまでの研究を半導体の簡便迅速評価とそのエネルギーデバイスへの応用というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#498@卒論;。 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),化学系9学協会連合東北地方大会@C

伊藤 知之佐々木 優本田 千秋立花 和宏仁科 辰夫大場好弘 ,平成24年度 化学系学協会東北大会 (2012).

学会…